ラインQRコード

QRコードを読み取るか、
LINE IDを検索して
友だち追加して下さい!

オーディオ買取フラワーが選ばれる理由 買取の流れ 対応エリア 買取メーカー一覧 よくある質問 買取情報一覧
スピーカー アンプ プレイヤー
(オーディオデッキ)
レコードプレイヤー ヘッドホン
会社概要 サイトマップ
tel:0362767709
TAD アンプ買取情報

TADのアンプの買取実績とお客様の声

TAD(タッド)はオーディオ業界では知る人ぞ知るバート・ロカンシー氏によって発足したハイエンドオーディオブランドです。「Referenceシリーズ」や「TAD Evolutionシリーズ」が有名です。TADのアンプの買取なら実績豊富なフラワーにお任せください。

TADのアンプ買取強化商品一覧

C2000

買取金額

1,726,000

M600

買取金額

2,793,000

その他のTADのアンプ買取事例

TADのアンプ買取ご利用者様の声

TADのReferenceシリーズを売却しました
事情により自慢だったReferenceシリーズのパワーアンプを売却しました。非常に高額で買い取っていただけただけではなく、店員さん自身が「すごいですね!立派ですね!」とアンプを褒めてくださったので、とても気分よく買取をすすめることができました。ありがとうございます。
買取金額に満足しました。
高額の商品だったので、ちゃんと査定してくれるのか、そもそもこの機種の価値がわかるのか、など心配していましたが、非常に知識のある店員さんで安心して買取をお任せすることができました。買取きんがくにも満足の一言です。

TADのアンプの特徴

「TAD-C600」というプリアンプの理想形を再現した高級機があります。
タッドの「Referenceシリーズ」と同様に、電源部は別筐体になっていて伝送回路は入力から出力まで正負対称のフルバランス増幅方式を採用しています。
アルミニウム無垢材の振動制御構造のシャーシに左右対称のオーディオ回路を収めている形になります。
内部は左右のオーディオ基板を中央で仕切るセンターフレームシールド構造になっており、左右の基板は配線の長さや処理も同一とし理想的なステレオ信号の伝送を可能にしていますね。

TADの歴史

TAD(タッド)とは、Technical Audio Devicesの頭文字を取ったもので、ハイエンドオーディオ機器のブランド名です。1975年にパイオニアにおいて最高級スピーカー開発プロジェクトが発足した際、技術顧問として参画した当時のアメリカのプロオーディオ界の第一人者バート・ロカンシー氏の「基本に忠実な技術こそ本物の技術であり、技術志向に傾くことなく、常に音質を最重視する技術こそ本物の技術である」という理念に基づく「綿密な理論検討と正確な実験に裏付けられた工学的アプローチ」の手法を表現したものです。バート・ロカンシー氏の思想と哲学を受け継ぐ、決して妥協を許さぬ技術への探究心が、TADそのものと言われています。このTADの理念を受け継ぎ、2007年に東京都新宿区に株式会社テクニカルオーディオデバイセズラボラトリーズが設立されました。これ以降、TADは同社の取り扱いとなっています。「Referenceシリーズ」として、CDプレーヤー、パワーアンプ、プリアンプ、スピーカーなどをラインアップしていますが、一式揃えると2000万円近くにもなるという超弩級の製品です。また、最新のデジタル・ネットワーク技術に対応する「TAD Evolutionシリーズ」も展開しています。

写真:女性

買取事例カテゴリー

イラスト:アイコン

オーディオブログ

もっと見る

オーディオ買取の流れ

問い合わせ、お見積もり、査定、お支払い
より詳しい買取の流れはこちら
簡単!スピーディー!!ラインで査定するならこちら

買取情報はこちら

トップへ戻る

2018 © オーディオ買取Flower All Right Reserved.