ラインQRコード

QRコードを読み取るか、
LINE IDを検索して
友だち追加して下さい!

オーディオ買取フラワーが選ばれる理由 買取の流れ 対応エリア 買取メーカー一覧 よくある質問 買取情報一覧
スピーカー アンプ プレイヤー
(オーディオデッキ)
レコードプレイヤー ヘッドホン
会社概要 サイトマップ
tel:0362767709
Shindo Laboratry アンプ買取情報

Shindo Laboratryのアンプの買取実績とお客様の声

Sindo Laboratory(新藤ラボラトリー)は、日本のオーディオ機器メーカーです。製品の中でも、Western Erectricを超えたと国内外で高い人気を誇るのが真空管アンプの300Bシングルパワーアンプです。Sindo Laboratoryのアンプの買取なら、実績豊富なフラワーにお任せください。

Shindo Laboratryのアンプ買取強化商品一覧

Petrus

買取金額

1,448,000

SERENATA

買取金額

488,000

WE300B Limited

買取金額

754,000

その他のShindo Laboratryのアンプ買取事例

Shindo Laboratryのアンプ買取ご利用者様の声

急な要望に対応していただけた。
即日対応の受付時間は過ぎていたのでダメ元で問い合わせをしてみたところ、家が近くだということもあってご好意で買取をしていただけました。またイレギュラー対応なのにもかかわらず非常に親切で物腰が柔らかい店員さんがとてもよかったです。ありがとうございました。
コレクションの整理をお願いしました。
長年集めていたコレクション品を断捨離するため、まとめて買取査定をお願いしました。その中にあったのがSindo Laboratoryのパワーアンプだったのですが、非常に良い値段で買い取っていただくことができました。また利用させていただきます。

Shindo Laboratryのアンプの特徴

新藤ラボラトリーのアンプは中味を見ると、その作り込まれた姿に見惚れてしまいます。
表現ができない柔らかい音で、まさに真空管アンプの音のイメージそのものを聞かせてくれるでしょう。
ただ、眠たくなるようなまったりとした音ではなく、立つ所は立つ、そんな絶妙なバランスをうかがえます。

Shindo Laboratryの歴史

Shindo Laboratory(新藤ラボラトリー)は、1977年に東京都文京区で新藤氏によって創業されたオーディオ機器メーカーです。「オーディオは音の入口から出口まで、セオリーに基づいたトータルなポリシーを基調に再生されてはじめて、限りなく“原音”に近づくことができる」という理念のもと創業以来一貫して“純・原音”を追求しています。新藤ラボラトリーは、主に高価格帯の真空管アンプを製造している他、顧客のためにカスタムメイドの製品も提供しています。真空管アンプの中でも国内外から高い評価を得ているのは、300Bシングルパワーアンプです。Western Erectricの91タイプのパワーアンプを凌ぐべく、新藤ラボラトリーが挑んだモデルと言われています。部品は全て輸入品を使用しており、特にこのアンプのために輸入したパーツをはじめ厳選したものだけで構成されています。出力トランスには米国TRIAD社に特注したもの、電源トランスには新藤ラボオリジナルのものが使用されています。抵抗にはALLEN BRADLEY社やDALE社のものなどを採用、電源ケーブルと内部の配線はBELDEN社と高品位パーツの採用を徹底しています。

写真:女性

買取事例カテゴリー

イラスト:アイコン

オーディオブログ

もっと見る

オーディオ買取の流れ

問い合わせ、お見積もり、査定、お支払い
より詳しい買取の流れはこちら
簡単!スピーディー!!ラインで査定するならこちら

買取情報はこちら

トップへ戻る

2018 © オーディオ買取Flower All Right Reserved.