ラインQRコード

QRコードを読み取るか、
LINE IDを検索して
友だち追加して下さい!

オーディオ買取フラワーが選ばれる理由 買取の流れ 対応エリア 買取メーカー一覧 よくある質問 買取情報一覧
スピーカー アンプ プレイヤー
(オーディオデッキ)
レコードプレイヤー ヘッドホン
会社概要 サイトマップ
tel:0362767709
SONY アンプ買取情報

SONYのアンプの買取実績とお客様の声

SONYは言わずと知れた、総合電機機器メーカーです。手頃なエントリーモデルから、高級ハイエンドモデルまで数多くのアンプを発表し、幅広い層から支持されています。SONYのアンプの買取なら、実績豊富なフラワーにお任せください。

SONYのアンプ買取強化商品一覧

TA-DA5500ES

買取金額

53,000

TA-E900

買取金額

332,000

TA-ER1

買取金額

720,000

TA-NR10

買取金額

1,028,000

その他のSONYのアンプ買取事例

SONYのアンプ買取ご利用者様の声

一般的なモデルだったが・・・
SONYのエントリーモデルを買い取っていただきました。ごく普通のモデルだったのであまり値段はつかないと予想していたのですが、いい意味で予想を裏切られました。ありがとうございます。
迅速に買い取っていただけて助かりました。
即日買取をお願いしたところ、その日の夕方に来ていただくことができました。引っ越しの関係上その日中に急いで売りたかったので、とても助かりました。ありがとうございます。

SONYのアンプの特徴

ソニーのアンプとして「TA-FA5ES」を取り上げたいと思います。
若干硬さを感じるソニーらしいきっちりとした音で、ワイドレンジで音場も広いです。
クリアなイメージや疾走感に関しては、サンスイの「 AU-α 707XR」やONKYOの「A-917」よりは落ちるかもしれません。
ここで同じソニーの「TA-F333ESX」と比較すると、大人しい音でまとまりも感じますが、濃密さでは「TA-F333ESX」に劣る気もします。

SONYの歴史

SONY(ソニー)は、日本を代表するコングロマリットですが、1946年に井深大氏と盛田昭夫氏が東京通信工業株式会社として創業し、1958年にソニー株式会社に改称しました。現在はソニーグループを統括する事業持株会社となっています。1955年、製品すべてにSONYのマークを入れることにして、SONYブランドが確立しました。SONYがオーディオビジネスを始めたのは1965年で、それまでの国産品の水準を上回る高級コンポーネントESシリーズにより市場参入しました。ESとは「エクストリームリー・ハイ・スタンダード」のイニシアルから付けられたものでした。第一弾として登場したインテグレーテッドプリメインアンプTA-1120は、真空管アンプの時代にあって、オールシリコントランジスター、しかも国内最高価格で登場し、この道の玄人筋を驚愕させました。しかし、真空管アンプに比べて「音が冷たい」という風聞が広がり、これを打開するために特性が真空管に近いとされるV-FETを世界で初めて実用化し、V-FETアンプのトップモデルとしてTA-8650を発売、国産高級インテグレーテッドアンプの先駆となりました。このモデルの類型のない斬新なパネルデザインは非常に秀逸でした。

写真:女性

買取事例カテゴリー

イラスト:アイコン

オーディオブログ

もっと見る

オーディオ買取の流れ

問い合わせ、お見積もり、査定、お支払い
より詳しい買取の流れはこちら
簡単!スピーディー!!ラインで査定するならこちら

買取情報はこちら

トップへ戻る

2018 © オーディオ買取Flower All Right Reserved.