ラインQRコード

QRコードを読み取るか、
LINE IDを検索して
友だち追加して下さい!

オーディオ買取フラワーが選ばれる理由 買取の流れ 対応エリア 買取メーカー一覧 よくある質問 買取情報一覧
スピーカー アンプ プレイヤー
(オーディオデッキ)
レコードプレイヤー ヘッドホン
会社概要 サイトマップ
tel:0362767709
KANNO アンプ買取情報

KANNOのアンプの買取実績とお客様の声

KANNO(カンノ)は、日本のオーディオ機器ブランドです。Western Electricのアンプをベンチマークし、独自の「カンノアンプ」を完成させました。今なおオーディオファンの間で根強い人気を誇ります。 KANNOのアンプの買取なら、実績豊富なフラワーにお任せください。

KANNOのアンプ買取強化商品一覧

300B-M

買取金額

494,000

300B-MN

買取金額

657,000

KB-300

買取金額

801,000

その他のKANNOのアンプ買取事例

KANNOのアンプ買取ご利用者様の声

取り扱い方がやはりプロ!
真空管はデリケートなので自分で持ち運ぶよりはと出張買取を依頼しました。取り扱い方がとても丁寧でしたし、部品の触り方やつまみのいじり方にいたるまでプロだなぁと感じ、安心して買取をお願いできました。フラワーさんにお任せしてよかったです。
3社の中で一番高い金額だった
少しマニアックな機種なので、フラワーさんを含めて3社に買取をお願いしたところダントツでフラワーさんの査定金額が高く、買取をお願いしました。とても腰の低い店員さんにも好感が持てましたし、買取金額にも満足なので、言うことなしです。ありがとうございます。

KANNOのアンプの特徴

カンノといえば「300B-SA」という真空管パワーアンプが有名ではないでしょうか。
モノラルKB300のステレオタイプになりますね。
ウエスタンエレクトリック研究で有名な、カンノ製作所の最後の商品がこのモデルとなりました。

KANNOの歴史

KANNO(カンノ)は、1930年、福岡県小倉市(現北九州市)で菅野省三氏が創業したカンノ製作所がかつて製作していたオーディオ機器のブランドです。カンノ製作所は、主に鉄道関連の通信機器システム等を取り扱う会社ですが、過去に愛好家を対象とした真空管アンプ、オーディオトランスなどの商品も製作していました。菅野省三氏が自分の音楽の趣味のため私財を投入し、Western Electricの真空管アンプ類を分解・研究したことは有名です。そして、八幡製鉄所(現新日本製鉄)の研究所や東北金属の協力を得て、電子顕微鏡までを使用してWestern Electricのアンプの音質の秘密が、トランスのコア材にあり、それが45%パーマロイ合金であるという事実を突き止めました。さらに、東北金属に特殊合金比率の特注パーマロイコア材の生産を委託して、自社で超高性能オーディオトランスを生産できるまでになり、このトランスとWestern Electricの300B真空管を組み込んだ「カンノアンプ」を完成させました。菅野氏宅でこのカンノシステムの音を聴かされた人すべてが、あまりの生々しさと自然さに驚き「これが電気による再生音か」と唖然としたということです。

写真:女性

買取事例カテゴリー

イラスト:アイコン

オーディオブログ

もっと見る

オーディオ買取の流れ

問い合わせ、お見積もり、査定、お支払い
より詳しい買取の流れはこちら
簡単!スピーディー!!ラインで査定するならこちら

買取情報はこちら

トップへ戻る

2018 © オーディオ買取Flower All Right Reserved.