ラインQRコード

QRコードを読み取るか、
LINE IDを検索して
友だち追加して下さい!

オーディオ買取フラワーが選ばれる理由 買取の流れ 対応エリア 買取メーカー一覧 よくある質問 買取情報一覧
スピーカー アンプ プレイヤー
(オーディオデッキ)
レコードプレイヤー ヘッドホン
会社概要 サイトマップ
tel:0362767709

【TAD】M600 のアンプ買取事例!買取金額はいくら?

このページでは【TAD】M600 の買取事例を紹介しています。買取金額の相場の参考になったり、実際の買取の現場のイメージがつくと思いますのでアンプの売却を検討している方は是非ご覧ください!

【TAD】のM600 の買取金額

2,793,000円

【TAD】のM600 について

対称性への徹底したこだわり。それは、TADが追求するオーディオの基本コンセプト。
このM600では、かつてない再現性を目指し、蓄積された技術の集大成ともいえる、ひとつの理想形を実現。
BTL(バランスアンプ)方式、完全対称設計。入力から出力まで、2台の大型電源トランスや正・負パラレルで配置された電解コンデサーはもちろん、基板上のパーツのレイアウト方向など、それらは温度変化や磁界、振動といった内部環境に至るまで、すべてが対称となるよう設計されている。
M600では振動が音に与える影響を最小限に抑えるため、質量35㎏という 片状黒鉛鋳鉄によるモノコックシャーシを採用。
通常の鉄材に比べ共振しに くいとともに内部損失が大きく、振動制御に極めて効果的。
さらに、剛性を 高める肉厚18㎜アルミフロントパネル。設置脚のアジャスタブルスパイク構造 に加え、脚部が本体から外側に張り出すワイドトレッドシャーシなど制振性を 一段と高める低重心化を実現した。
また内部構造では、トランスや電解コ ンデンサーとシャーシの間にアルミニウム制振板の採用。
さらに、チムニー型 ヒートシンクを不連続化形状とするなど、徹底した制振対策を行っている。
バランス方式の最大の特長は、原理的にグランドに電流が流れないことにありますが、バランスアンプのヒートシンクを一体化することにより、スピーカーをドライブする電流の濁りの原因となるグランド電位差を解消。
バランス接続したパワーアンプの動作基準グランド電位を完全に共通化させている。
M600では、電圧増幅をわずか1段で構成。カレントフィードバックと組み合わせることで、増幅段において極めて安定度の高い回路を実現した。
これにより位相補償回路のシンプル化も可能にし、スピーカーチョークコイルを削除。
また、増幅部の基板をリアパネルの直前にレイアウトすることで、入力から出力までの信号径路の最短化とともに電源回路とは巨大なヒートシンクで完全に分離し、磁界の影響など音を濁らすさまざまな要因を排除した。
プリント基板には、衛星通信機器などに使われるPPE(ポリフェニレンエーテル)を基材に使用し、135μm厚の無酸素銅箔を貼り合わせたオリジナル基板を採用。誘電率を抑え、パターン間の結合容量を最小限化し、超高域周波数帯まで信号伝送ロスを低減。
また質量10kgの大型電源トランスは、コアに絶縁紙を巻き、φ2.6mm極太銅線を直接巻き上げるオリジナルの「独立巻き線大型電源トランス」を採用。
電源ケミコンも大容量33,000μFのカスタムパーツを使用するなど、回路の隅々までクオリティを追求した。
製品の確かな性能を保証するために、M600は部品の製造から仕上げに至るまで徹底した精度を追求。
非常に高度な技術が要求されるアルミパネルの削りだしによる精密なダクト加工をはじめ、一つ一つのパーツのクオリティ管理に細心の注意を払っている。
さらにTADの製品として、すべてにおいて妥協を許さぬクオリティを実現するために、専用工房で冶具の開発はもちろん、製造技術者もオーディオの匠と呼ばれる熟達者によりハンドメイドで製造。
その工程は、ビス留めひとつにおいてもトルク管理を行い筺体に歪みが生じないように組み上げるといった、工芸品をつくるような手間のかかる作業から生み出されている。

買取フラワーのコメント

定価だと約\5,000,000近くするモデルです。
知人から運よく半値近くで譲り受けたは良い物の、スペックがあまりにも高すぎ他の物のバランスが合わないからと手放すことを決めたようです。
この軍資金で、高くはないものの自分の好みの中で手が届くセットを集めたいとのことでした。

その他のTADのアンプ買取事例

その他の買取事例はこちら

もっと見る
写真:女性

買取事例カテゴリー

イラスト:アイコン

オーディオブログ

もっと見る

オーディオ買取の流れ

問い合わせ、お見積もり、査定、お支払い
より詳しい買取の流れはこちら
簡単!スピーディー!!ラインで査定するならこちら

買取情報はこちら

トップへ戻る

2018 © オーディオ買取Flower All Right Reserved.