ラインQRコード

QRコードを読み取るか、
LINE IDを検索して
友だち追加して下さい!

オーディオ買取フラワーが選ばれる理由 買取の流れ 対応エリア 買取メーカー一覧 よくある質問 買取情報一覧
スピーカー アンプ プレイヤー
(オーディオデッキ)
レコードプレイヤー ヘッドホン
会社概要 サイトマップ
tel:0362767709

【DENON】AVP-A1HD のアンプ買取事例!買取金額はいくら?

このページでは【DENON】AVP-A1HD の買取事例を紹介しています。買取金額の相場の参考になったり、実際の買取の現場のイメージがつくと思いますのでアンプの売却を検討している方は是非ご覧ください!

【DENON】のAVP-A1HD の買取金額

484,000円

【DENON】のAVP-A1HD について

DENONが選んだ道は、安易な回路のパッケージ化を拒み、最適のデバイスが最高のパフォーマンスを発揮できるよう、専用の回路構成で組み上げる、それがD.D.S.C.(Dynamic Discrete Surround Circit)。
次世代HD(High Density:高密度)コンテンツの登場とデバイスの進化をふまえ、ここにD.D.S.C.-HDとして新たなステージを築いた。
次世代ディスクの登場で制作現場の情報をあますことなくホームシアターまで届けることが可能になったいま、D.D.S.C.の標榜する“コンテンツ制作者の意図をありのままに再現すること”の重要性がますます強く認識されている。
くわえて、SA1をはじめとする長年のピュア・オーディオでの成果から、全チャンネルバランス出力対応の豊潤なプリ出力からうまれる強靱なドライバビリティーを獲得。
かつてないほどの音場感を達成した。
D.D.S.C.デジタルは、サラウンド再生のために必要な信号処理回路を一つ一つのブロックに独立させ、個々のブロックには高性能な専用回路を用いてディスクリート化している。
また全チャンネル同一レスポンス、同一クオリティを念頭に構成。
さらに、DENONが“SA”シリーズをはじめとするピュアオーディオで培ったノウハウを基にパフォーマンスを最大限に引き出すよう、オーディオ回路を始め各回路で厳密なチューニングも施され、ホームシアターにおけるサラウンド再生時にも臨場感あふれる、ピュアオーディオに匹敵する高音質再生を実現した。
デコーダー部には、高性能DSPを3基搭載。最新型のDSPを採用し、トータルでの信号処理精度は飛躍的に高まり、複雑な信号処理、ハイスピード信号に対しても余裕をもって対応するため、より完成度の高いサラウンド信号処理を実現している。
高精度なD/A変換を実現するため、マスタークロックの純度を高める様々な手法を導入しています。高剛性の多層基板を用いて電源とグラウンド電位の安定化を図り、またFPGAデバイスを用いて配線を最短化/最適化、更にD/Aコンバーター近くで高精度PLLを用いたマスタークロックの再生成を行う事により残留ジッターを最小限に抑え、音像の輪郭もクリアな高音質再生を可能としている。
192kHz/24bit高性能D/Aコンバーター、192kHz/24bitの処理能力を持つDIRとA/Dコンバーターを搭載。
さらに、これらのデジタルデバイスを制御し、かつ高速信号処理を行う大容量FPGAを採用するなど、すべてを大幅にブラッシュアップしている。
DENONのHiFiオーディオで定評のAdvanced AL24 Processingを全チャンネルに搭載した。
従来の技術“AL24 Processing Plus”のデータ拡張に加えて、DSPやFPGAといった大容量の演算処理デバイスを用いた独自開発のアルゴリズムにより、時間軸上でのデータ補間、アップコンバート・サンプリングにより、オリジナルデータを損なうことのない自然な補間処理を行なう。
ブルーレイディスクなどのロスレス圧縮音声フォーマットのDolby TrueHDやDTS-HD Master Audio、その他Dolby Digital PlusやDTS-HD High Resolution Audioなど最新のデジタル音声フォーマットに対応したデコーダーを搭載している。
スピーカーのドライブ能力を安易にパワーアンプに求めるのではなく前段のプリ部で理想的なドライブ能力を持った出力を構成できるよう、パワーアンプ並みの独立電源を備えたプリ部を装備。
さまざまな回路が混在するAVアンプにおいて、各回路の能力を最大限に引きだすためには、電源による電気的相互干渉を排除することが必要。
AVP-A1HDの電源回路は、用途別に独立したトランスを合計7個搭載(内2個はXLR出力専用とオーディオ専用のトロイダル型)。
さらに各トランスは2次側巻き線部も機能ブロック別に分割され、それぞれに安定化電源回路へ電源とグランドの供給を行う。
AVアンプのセパレート化にあたり、プリ出力部は充実の構成をとっている。
入力段直後のバッファアンプは高品位のディスクリート構成アンプを全チャンネルに採用。
また、POA-A1HDとのカップリングを想定したXLRバランス出力回路は、電源に専用トロイダルトランスを採用し、L側、R側独立巻線・独立電源を採用するなど、パワーアンプ側に負担をかけない、理想的構成としている。
高ダイナミックレンジ、低歪み率を確保する高耐圧プロセスにより構成される可変ゲインボリウムを全チャンネルに採用。
出力レベルに応じてプリアンプのゲインを可変することにより、実使用領域でのS/Nを大幅に改善。可変幅も-80dB~+18dBの範囲で0.5dBステップになり、より細かな調整が可能。
また、この可変ゲインボリウムに組み合わせるプリアンプには、フルディスクリート構成によるローノイズハイカレントA級プリアンプを採用。
ノイズが少ないFETを入力回路に採用し、可変ゲインボリウム間をDCレベルで直結することでローノイズ化と豊かな低域の再生を実現した。
振動による音質に与える影響を徹底して抑えるため、防振構造の見直しを行なった。
振動の発生源となるパワートランスの取り付けは高剛性のボトムシャーシにしっかりと固定。
また、ラジエーターもFOOTの間近に直付けすることによりパワートランスなどの他の振動源との干渉を抑え込むなど、様々なパーツの取り付け、配置において、外部・内部振動の影響を効果的に排除する手段を講じ透明度と音像定位の向上を図っている。
無垢なオーディオ/ビデオ再生を目指し信号経路のシンプル&ストレート化を徹底。信号の引き回しを最小限の経路にし、オーディオ/ビデオの各回路における信号の劣化を最大限に防いでいる。
DENON LINKは、高速伝送素子を用いてバランス伝送を行なうことで、信号劣化の少ない高速・高品位なリアルタイムデジタル伝送を可能にするジッターレス・デジタル・インターフェースで、PCM192kHz/24bitのデジタル入力信号や、DVD-AudioやスーパーオーディオCDなどの高速・高音質ソースのマルチチャンネル信号も直接DVDプレーヤーからデジタル入力することができる。
Compressed Audio Restorer は、Internetからダウンロードされたり、デジタルーオーディオプレーヤー用に圧縮された音声ファイル(音源)に対し、圧縮によって失われた音声情報を補間し、音のトータルバランスを崩さず「低域の力強さ」「高域の繊細さ」を再生するデノンのオリジナルオーディオ技術。
純粋に音楽を徹底した高音質で楽しむことが可能なピュアダイレクトモードを搭載。
ピュアダイレクトモードを選択すると、FL管を消灯し、選択時点で未使用となっている回路を自動的に遮断する。
また、ビデオ回路やデジタル回路の電源も遮断することが可能で、より高音質な再生を楽しむことができる。
AAC 5.1をはじめ、DTS ESやDOLBY DIGITAL EXなどの信号処理に、THXプロセッシング処理を行なうことができる。
映画館での再生システムと同様の表現効果を家庭用のスピーカーでも再現する“リ・イコライザー回路”や、音色マッチング処理で音の移動をスムーズにする“ティンバーマッチング回路”、劇場での複数のサラウンドスピーカーをご家庭のサラウンドスピーカーで再現するための“ダイナミック・ディコリレーション回路”を搭載し、映画音響制作者がダビングステージで意図した音場どおりに再現。
“THX Ultra 2 Cinemaモード”や“THX Musicモード”、さらに“THX gamesモード”の各モードの活用で、いちだんと臨場感あふれる音場を再現する。
1080p映像信号の入出力に対応した最新のインターフェイスを装備。(入力6 系統、出力2系統) 映像信号はDeep Color(30bit/36bit)、x.v.Color*に対応しています。音声信号はマルチチャンネルリニアPCMやDolby TrueHD、DTS‐HD Mater Audio などの音声フォーマットに対応している。
映像と音声のずれを自動的に補正するオートリップシンク機能に対応している。
HDMI出力は2系統装備し同時に出力することが可能。
1系統をプロジェクターへ、もう1系統を大画面テレビへと常時接続することが可能。
微少レベルの映像信号の再現性を高め、原画像に近い高精細映像を再現。
また、NSV(ノイズ・シェープト・ビデオ)技術によりビデオ信号のS/Nを改善し、映像信号のリニアリティを高めている。
高級DVDプレーヤー DVD-A1XVAで採用され実績・定評ある高性能10bit I/Pコンバーター“REALTA”を搭載。
10bit演算を実現したプロセッシングは、ピクセル単位で高速かつ的確に規則性を検知して精度の高いI/P(インターレース/プログレッシッブ)変換を行う。
また “REALTA”は、HDMI1080p出力も可能とする高性能ビデオスケーラーとしても機能する。
また、一般的なIP変換時に生じやすいギザギザ感を抑え、なめらかで原画に忠実な映像を再現する。
DVDに色差信号で記録されたビデオ信号をRGB形式で出力する際にも、解像度に応じて最適な変換処理を行なう。

買取フラワーのコメント

故障がかなり頻発してきており、いっそ手放そうと思い買取依頼をしたそうです。
配置状況から見て長年の放熱状況からきているトラブルだと感じました。
今回のお客様のように、メーカーやモデルによっては修理費がかさむものもあります。
そのため、買取に出してしまうのも一つの手ではないでしょうか。

その他のDENONのアンプ買取事例

その他の買取事例はこちら

もっと見る
写真:女性

買取事例カテゴリー

イラスト:アイコン

オーディオブログ

もっと見る

オーディオ買取の流れ

問い合わせ、お見積もり、査定、お支払い
より詳しい買取の流れはこちら
簡単!スピーディー!!ラインで査定するならこちら

買取情報はこちら

トップへ戻る

2018 © オーディオ買取Flower All Right Reserved.