ラインQRコード

QRコードを読み取るか、
LINE IDを検索して
友だち追加して下さい!

オーディオ買取フラワーが選ばれる理由 買取の流れ 対応エリア 買取メーカー一覧 よくある質問 買取情報一覧
スピーカー アンプ プレイヤー
(オーディオデッキ)
レコードプレイヤー ヘッドホン
会社概要 サイトマップ
tel:0362767709

【DENON】PMA-S10 II のアンプ買取事例!買取金額はいくら?

このページでは【DENON】PMA-S10 II の買取事例を紹介しています。買取金額の相場の参考になったり、実際の買取の現場のイメージがつくと思いますのでアンプの売却を検討している方は是非ご覧ください!

【DENON】のPMA-S10 II の買取金額

58,000円

【DENON】のPMA-S10 II について

UHCシングルプッシュプル構成を採用したプリメインアンプ。
大電流型増幅素子UHC-MOSを用いたUHCシングルプッシュプル回路を採用。
UHC-MOSは電流供給力がバイポーラトランジスタと同等以上に改善され、MOS-FETの音質的なメリットも持っているため、表現力とスピーカードライブ力の相反する問題を解決。
パワートランスは、大型磁気回路を低い磁束密度で使用することにより磁気飽和領域に対して広いダイナミックレンジを持つ音楽信号への追従性を向上している。
また、LCマウント方式の採用でアンプ内のノイズ源であるリーケージフラックスを大幅に低減している。
さらに、電圧増幅段やフォノ・イコライザーの電源の巻線を独立し、信号リレー等を制御するコントロール回路電源のトランスも独立させることにより、各回路間の相互干渉を抑えている。
回路間の相互干渉やノイズの流入による音質劣化を抑えるため、パワーアンプブロックを左右独立させたツイン・モノラル構成や、信号レベルの異なる回路を分離し遮蔽を徹底した6ブロック構造を採用。
また、振動によるノイズの発生を抑えるため、シャーシはセパレートアンプと同一グレードの厚さ1.6mmの鋼板に黒色塗装を施して使用。
さらに、パワートランス取付部には振動減衰特性に優れた異なったマテリアルを組合わせた積層構造を採用しており、パワートランスから発生する振動を抑える高い剛性と耐振性を確保。
インシュレーターには、振動を熱に変換しシャーシへの伝播を抑制する焼結合金を使用しており、さらに吸振性の高い新素材を貼り、振動の伝播を抑えている。
スピーカーターミナルには、黄銅削り出しパーツに金メッキを施し伝送ロスを低減。
またクランプ部の穴径をφ6mmと大型にし、極太スピーカーケーブルへの対応を図っている。
電源部の整流回路には、優れた大電流供給能力に加え、動作速度と電圧のロスを大幅に改善した、大電流ファースト・リカバリー・ダイオードを並列接続で採用。
さらに、低インピーダンス電極箔を使用した大容量高音質電解コンデンサーと周波数特性の異なるフィルムコンデンサーの組合せにより、特性の改善を図っている。
また、パワートランス出力からパワーアンプ出力段までの配線は、極太のOFC配線材を使用し、エネルギー損失を最小限に抑えている。
フォノイコライザー部にはローノイズFETを使用したディスクリート構成の初段回路を採用。
また、フォノイコライザー専用の安定化電源を設ける事で音質の改善を図っている。
40型4連ボリュームをはじめ、大型削り出し金メッキピンジャック、OFC内部配線材、不活性ガス封入型リレー、高音質コンデンサー、着脱タイプのACコードなど、S1シリーズで採用されたパーツを使用。

買取フラワーのコメント

このアンプも年期が入ってきたから、そろそろ寿命かなとお客様はおっしゃられていました。
音としてはまだまだ現役レベルだとは思うのですが、この年数になってくると故障が頻繁に起こってきます。
年数が経つと修理パーツも無くなってきてしまうため、手放す方は結構多いものです。

その他のDENONのアンプ買取事例

その他の買取事例はこちら

もっと見る
写真:女性

買取事例カテゴリー

イラスト:アイコン

オーディオブログ

もっと見る

オーディオ買取の流れ

問い合わせ、お見積もり、査定、お支払い
より詳しい買取の流れはこちら
簡単!スピーディー!!ラインで査定するならこちら

買取情報はこちら

トップへ戻る

2018 © オーディオ買取Flower All Right Reserved.