ラインQRコード

QRコードを読み取るか、
LINE IDを検索して
友だち追加して下さい!

オーディオ買取フラワーが選ばれる理由 買取の流れ 対応エリア 買取メーカー一覧 よくある質問 買取情報一覧
スピーカー アンプ プレイヤー
(オーディオデッキ)
レコードプレイヤー ヘッドホン
会社概要 サイトマップ
tel:0362767709
Technics プレイヤー(オーディオデッキ)買取情報

Technicsのプレイヤー(オーディオデッキ)の買取実績とお客様の声

Technics(テクニクス)は、パナソニックのオーディオ機器ブランドです。一度Panasonicブランドに統合されましたが、2014年からTechnicsはハイエンドオーディオブランドとして復活。多くのオーディオファンが次なる新製品に期待しています。Technicsのオーディオプレーヤーの買取なら、実績豊富なフラワーにお任せください。

Technicsのプレイヤー(オーディオデッキ)買取強化商品一覧

RS-1700U

買取金額

272,000

RS-1800

買取金額

1,225,000

RS-7900U RP-9790

買取金額

847,000

SV-D900

買取金額

183,000

その他のTechnicsのオーディオデッキ買取事例

Technicsのプレイヤー(オーディオデッキ)買取ご利用者様の声

マニアックな会話も通じる店員さんが心強い!
Technicsをはじめ10種類以上のオーディオプレーヤーの買取をお願いしました。普通の買取店ではあまり馴染みがないマニアックなメーカーのものだったので、査定が気になりましたが、店員さんの査定の説明を聞いて安心しました。非常にマニアックな会話もできる店員さんで、安心して買取をお任せすることができました。
いつもフラワーさんにお願いしています!
オーディオマニア御用達という噂を聞き、僕も2年前から買取をお願いするときにはフラワーさんと決めています。何より、オーディオ機器の知識量が他のお店とは違います。マニアックな機器もきちんとその価値を判断してもらえるので、安心して買取をお願いできています。今回もTechnicsの少しマイナーなオーディオプレーヤーを買取に出しましたが、きちんと価値を判断して査定してもらえました!

Technicsのプレイヤー(オーディオデッキ)の特徴

テクニクスの「SL-P500」は「SL-P3」の後継機で、第4世代といえるCDプレーヤーです。
1985年にダイナミック大賞部門賞を受賞しているので有名ですね。
外見だけを見ると「SL-P3」のマイナーチェンジのように見えますが、中味はオーディオ回路、サーボ回路、ピックアップ、ドライブメカなど、全て新開発に変わっているのが特徴です。
「SL-P3」から回路の集積化を進め、回路の安定化や故障率の削減、コストの削減を計ったモデルでもあります。
また開発コストを削減のために、基板や電源部は下級機の「SL-P300」と共通化をしています。
D/Aコンバータはバーブラウンの「PCM-54HP」を搭載。
デジタルフィルターには2倍オーバーサンプリングの「スーパークリーンデジタルフィルター」を搭載し、位相特性や周波数特性を改善しています。
ピックアップは新開発の「FF-1レーザーピックアップ」を搭載しており、従来の3ビームと比べてレーザー光の利用効率が高く、再生信号のSN比が改善されています。
サーボ回路は「デジタル・アキュ・サーボシステム」を採用し、信号の誤り訂正回路に「テクニクス・スーパーデコーディング・アルゴリズム」を搭載するなどして、キズや汚れに対して安定した信号の読み取りを行っています。
音はしっかりとした重厚な音を出しますが、高音や細部の表現、音場などは若干弱く聞こえてしまうこともあります。
しかし全体的にはまとまっており、更に強化改善された後継機の「SL-P720」より音だけでみればこちらが良いくらいと感じますね。

Technicsの歴史

Technics(テクニクス)は、1918年に松下幸之助氏によって創業された松下電器産業株式会社を前身とするパナソニック株式会社のオーディオ機器のブランド名です。Technicsの記念すべき第1号は、1965年の密閉型2ウェイユニットスピーカーシステムTechnics 1(SB-1204)で、コンパクトながら標準的なフロアスピーカーシステムに匹敵する低音が得られました。当初は、中・高級オーディオ市場に進出しましたが、後には低価格帯のシステムコンポーネントステレオや据置型テープレコーダーRS-4800なども発売しました。1982年に、Technics初のCDプレーヤーSL-P10を発売しましたが、新開発のLSI、ICで構成した専用回路、DDモーターによるダイレクトドライブを採用した意欲的な製品でした。大手総合家電メーカーの総合力を生かして、数々の新技術を開発・商品化して、名機と呼ばれる機種も輩出していましたが、会社方針としてPanasnicブランドへ移行することが決まり、Technics製品は2010年10月をもって生産終了となりました。なお、2014年9月、Panasnicは高級オーディオ機器ブランドとしてTechnicsを再展開することを発表し現在に至っています。

写真:女性

買取事例カテゴリー

イラスト:アイコン

オーディオブログ

もっと見る

オーディオ買取の流れ

問い合わせ、お見積もり、査定、お支払い
より詳しい買取の流れはこちら
簡単!スピーディー!!ラインで査定するならこちら

買取情報はこちら

トップへ戻る

2018 © オーディオ買取Flower All Right Reserved.