ラインQRコード

QRコードを読み取るか、
LINE IDを検索して
友だち追加して下さい!

オーディオ買取フラワーが選ばれる理由 買取の流れ 対応エリア 買取メーカー一覧 よくある質問 買取情報一覧
スピーカー アンプ プレイヤー
(オーディオデッキ)
レコードプレイヤー ヘッドホン
会社概要 サイトマップ
tel:0362767709
Lo-D プレイヤー(オーディオデッキ)買取情報

Lo-Dのプレイヤー(オーディオデッキ)の買取実績とお客様の声

Lo-D(ローディ)は、日本のオーディオブランドです。かつては日立製作所が、今現在は日立コンシューマ・マーケティング株式会社リビングサプライ社が運営しています。日立の総合力を生かした世界初の商品を数多く生み出したメーカーです。Lo-Dのオーディオプレーヤーの買取なら、実績豊富なフラワーにお任せください。

Lo-Dのプレイヤー(オーディオデッキ)買取強化商品一覧

D-4500

買取金額

125,000

D-5500MB

買取金額

72,000

D-9000

買取金額

61,000

その他のLo-Dのオーディオデッキ買取事例

Lo-Dのプレイヤー(オーディオデッキ)買取ご利用者様の声

買取査定金額に満足しています!
Lo-DのD550の買取をお願いしました。古い商品だったので、あまり買取金額に期待はしていませんでしたが、マニアに人気があるようで、予想以上の高額で買い取っていただくことができました。本当にありがとうございます。
すぐに買取に来ていただけました!
どうしてもその日中に買取に来ていただきたかったのですが、どの買取店も無理で、最後の頼みの綱としてフラワーさんにお電話しました。事情を話すと無理な対応にも関わらず、調整いただき、その日のうちに買取をしていただくことができました。イレギュラー対応をしていただきありがとうございます。

Lo-Dのプレイヤー(オーディオデッキ)の特徴

ローディの「D-550」は1977年に発売されたカセットデッキです。
「D-550」はスーパーライフヘッド、というハードパーマロイヘッドを搭載しています。
メカは1モーターで、スビンドルやリール、そしてメカの一部を駆動していて、パワーアシステッドコントロールが搭載されいます。
ノイズリダクションシステムは「Dolby-B」を搭載してあり、テープセレクターはバイアスとイコライザを個別に切り替えるタイプで、クローム、フェリクローム、ノーマルの3ポジションに対応しています。
低音はとても良く出る印象ですが、高音は若干控えめに感じました。
レンジは狭いですし、音にも正直キレがありません、そして何よりも細かい音が潰れていて、行ってしまえば初級モデルに近い音、に聞こえますね

Lo-Dの歴史

Lo-D(ローディ)は、かつて日立製作所の日本国内におけるオーディオ製品のブランド名として使用されていました。名称の由来はローディストーション(低歪み)からの造語です。現在では、日立コンシューマ・マーケティング株式会社リビングサプライ社が発売するオーディオ機器等のブランド名となっています。Lo-Dブランドの第1号機は、2ウェイスピーカーシステムHS-500でした。これは高い低音再生能力を持たせるため、ギャザードエッジを採用したスピーカーシステムでした。プレーヤー関係でも、日立の総合力を活かしたユニークな世界初・日本初の製品を発売していました。1973年の世界初の3ヘッドを搭載したカセットデッキD-4500、1982年の世界初のCDプレーヤーDAD-1000、日本初のセパレート型CDプレーヤーDAD-001(プレーヤー部DAP-001とプロセッサ部HDA-001のセットモデル)などが挙げられます。カセットデッキに搭載されていたATRS(自動周波数補正)システムという独自技術は、約10秒で使用するテープに適したバイアス・録音感度・補償量を自動検出できるという優れたものでした。しかし、1980年代半ばには、高級オーディオの自主開発および生産から撤退しました。

写真:女性

買取事例カテゴリー

イラスト:アイコン

オーディオブログ

もっと見る

オーディオ買取の流れ

問い合わせ、お見積もり、査定、お支払い
より詳しい買取の流れはこちら
簡単!スピーディー!!ラインで査定するならこちら

買取情報はこちら

トップへ戻る

2018 © オーディオ買取Flower All Right Reserved.