ラインQRコード

QRコードを読み取るか、
LINE IDを検索して
友だち追加して下さい!

オーディオ買取フラワーが選ばれる理由 買取の流れ 対応エリア 買取メーカー一覧 よくある質問 買取情報一覧
スピーカー アンプ プレイヤー
(オーディオデッキ)
レコードプレイヤー ヘッドホン
会社概要 サイトマップ
tel:0362767709
AIRBOW ヘッドホン買取情報

AIRBOWのヘッドホンの買取実績とお客様の声

AIRBOW(エアボウ)は1991年に大阪で誕生した国内オーディオブランドです。すでにヘッドホンの生産は終了していますが、ビンテージ品としてオーディオマニアの間で高く取引されています。AIRBOWのヘッドホンの買取なら、実績豊富なフラワーにお任せください。

AIRBOWのヘッドホン買取強化商品一覧

SR-SC

買取金額

27,000

SR-SC21

買取金額

99,000

その他のAIRBOWのヘッドホン買取事例

AIRBOWのヘッドホン買取ご利用者様の声

説明がしっかりしていて納得ができます。
買取をお願いしたヘッドホンについての知識をきちんと持っていてくれているのでこの金額になった理由などしっかり説明をしてくれました。明確なので安心感があります。おすすめです。
買取価格に満足です。
値段がつくのかも半信半疑なヘッドホンだったのですが、買取をお願いしたらしっかり値段をつけてもらえたし、その値段にも満足できました。迷ったときはフラワーさんにお願いして買取をしてみてもらうのがいいと思いました。

AIRBOWのヘッドホンの特徴

例として挙げるエアボウ「SRM-253S」は、スタックスイヤースピーカー専用アンプとしてSTAX「SRM-252S」をベースとして開発されたモデルですね。
STAXのアンプの中では廉価な「SRM-252S」をベースに選んだのは無改造でも、上級モデルを超える音質が出せるからだそうです。
ちなみに「SRM-252S」には、ハイエンド機にしか搭載しない純A級ディスクリートトランジスターDC直結回路を搭載しており、低域の再生限界は、「SRM-T8000」を上回るDCが可能です。
それを更に改善しクオリティを求めたのがSRM-253Sです。
ブラックゲートをはじめ、フィードバックに使われる高価な極小容量のコンデンサー等を搭載しており、音質を求めるエアボウらしいこだわりに満ちたカスタマイズが加えられています。
音質は楽器や人間の声の再現性に優れた自然な音で、ヘッドホンの存在を忘れてしまうほどです。

AIRBOWの歴史

AIRBOW(エアボウ)は、清原裕介氏が1991年に大阪で創業したオーディオ・ホームシアター専門店の株式会社逸品館のオリジナルオーディオ製品のブランド名です。AIRBOWは、AIR(空気)と弦楽器の演奏に使われるBOW(弓)を合わせた造語で、「空気を奏でる弓」・「心を奏でる弓」という意味があります。AIRBOWが目差すのは、音質とコストパフォーマンスの追求です。AIRBOWの製品は、オーディオ専門メーカーと同じ、厳しい基準で設計、生産されており、。製造とアフターサービスは、NEC子会社のAuthentic、ヘッドホン専門メーカーのSTAX、CDプレーヤー専門メーカーのCECなどが受け持っています。AIRBOWブランドの第1号機は、1998年にAuthenticとの提携から生まれたプリメインアンプtype-1です。音質が評価されて成功を収めましたが、コストを度外視して音質を追求したために100万円と当時のプリメインアンプでは最も高価なものとなりました。AIRBOWのヘッドホンに関しては、STAXの最高モデルSR-007Aを改良したSR-SC1、SR-407/Signature、SR507を改良したSR-SC21、SR-SC11がありますが、いずれも生産は終了しています。

写真:女性

買取事例カテゴリー

イラスト:アイコン

オーディオブログ

もっと見る

オーディオ買取の流れ

問い合わせ、お見積もり、査定、お支払い
より詳しい買取の流れはこちら
簡単!スピーディー!!ラインで査定するならこちら

買取情報はこちら

トップへ戻る

2018 © オーディオ買取Flower All Right Reserved.