ラインQRコード

QRコードを読み取るか、
LINE IDを検索して
友だち追加して下さい!

オーディオ買取フラワーが選ばれる理由 買取の流れ 対応エリア 買取メーカー一覧 よくある質問 買取情報一覧
スピーカー アンプ プレイヤー
(オーディオデッキ)
レコードプレイヤー ヘッドホン
会社概要 サイトマップ
tel:0362767709

【AIRBOW】SR-SC のヘッドホン買取事例!買取金額はいくら?

このページでは【AIRBOW】SR-SC の買取事例を紹介しています。買取金額の相場の参考になったり、実際の買取の現場のイメージがつくと思いますのでヘッドホンの売却を検討している方は是非ご覧ください!

【AIRBOW】のSR-SC の買取金額

27,000円

【AIRBOW】のSR-SC について

STAXの最高モデルSR-007Aを聴けば、振動膜の薄膜化が膜自体の固有音を低減し、STAXの低価格モデルよりも「無理のない自然な音」と「ヘッドホンを意識させない音の拡がり」が実現されているのに気づきます。
しかし、逆に振動膜の厚みをあまりにも薄くしたことで楽器のアタック感が損なわれ、音の芯が細く、優しくなってしまったような印象を受けます。
そこで、膜の厚みを薄くせずに音質を改善する方法として、壊れやすいコンデンサーヘッドホン薄膜へのDCT処理についてSTAXからも協力を得て、様々な実験を行いました。
実験の結果、SR-404/Signatureに採用されている振動膜へのDCT処理がもっとも大きな効果を上げ、SR-007Aの弱点と感じていた「低域の薄さ=エネルギーの高音への偏り」と「アタックの弱さ」が完全に払拭された素晴らしい振動膜が完成しました。
その振動膜を使い、さらにケーブルへもDCT処理を施してSR-SC1は誕生しました。
SR-SC1の音は、ヘッドホンを掛けていることを思わず忘れてしまうほどのストレスのない音の広がりが最大の特徴です。
音色も電気的な増幅により音楽を聴いていることを全く感じさせないほど自然です。
さらに驚かされるのは、まるでサブウーファーを併用していると感じられるほどの厚みと実在感のある低音が実現していることです。
SR-SC1では、SR-007Aで感じられなかった楽器の基音(最低音)までハッキリと聞き取れます。
SR-SC1をお使い頂ければもはやスピーカーでなくても、あるいは音量が限られるならスピーカー以上に!音楽を心から楽しみ、演奏に深く集中できるのです。
このヘッドホンを駆動するアンプとして開発した製品が、「SRM-252A」をベースとする「SRM-253」です。
小型の外観からは想像できないほど高い音の緻密さは、STAXの最高級ヘッドホンアンプSRM-007tAにも引けを取りません。
楽器の音色の再現性も自然で素直。
ストレスないその音は、耳の側でヘッドホンが鳴っていることを全く感じさせません。
SRM-253専用に開発されたインバーター電源ユニット「PAC-253」をお使い頂ければ、その音質はさらに数段向上します。
また、SR-SC1とSRM-253は、STAXの製品と互換性がありますので両社の製品やアクセサリーを相互に共用してご利用頂けます

買取フラワーのコメント

STAXを改良し更にアタックを強めたモデルになります。
長らく愛用していたそうですが、逆にSTAXの音にだんだん惹かれるようになり、今回こちらを手放しSTAXを購入する予定とのことです。
良いものが真実とは限りません、粗削りでも原石に惹かれる方もいます。
オーディオはやはり深いですね。

その他のAIRBOWのヘッドホン買取事例

その他の買取事例はこちら

もっと見る
写真:女性

買取事例カテゴリー

イラスト:アイコン

オーディオブログ

もっと見る

オーディオ買取の流れ

問い合わせ、お見積もり、査定、お支払い
より詳しい買取の流れはこちら
簡単!スピーディー!!ラインで査定するならこちら

買取情報はこちら

トップへ戻る

2018 © オーディオ買取Flower All Right Reserved.