ラインQRコード

QRコードを読み取るか、
LINE IDを検索して
友だち追加して下さい!

オーディオ買取フラワーが選ばれる理由 買取の流れ 対応エリア 買取メーカー一覧 よくある質問 買取情報一覧
スピーカー アンプ プレイヤー
(オーディオデッキ)
レコードプレイヤー ヘッドホン
会社概要 サイトマップ
tel:0362767709
ONKYO スピーカー買取情報

ONKYOのスピーカーの買取実績とお客様の声

ONKYO(オンキヨー)は、日本を代表する音響機器メーカーです。素材から部品の一つにいたるまで自社開発されたスピーカーユニットを搭載したONKYO製スピーカーの癖のないピュアなサウンドは世界中で高い評価を得ており、多くのオーディオファンから支持されています。ONKYOのスピーカーの買取なら、実績豊富なフラワーにお任せください。

ONKYOのスピーカー買取強化商品一覧

Grand Scepter GS-1

買取金額

642,000

Monitor2001

買取金額

117,000

Scepter 5001

買取金額

288,000

Scepter-F1

買取金額

244,000

その他のONKYOのスピーカー買取事例

ONKYOのスピーカー買取ご利用者様の声

ONKYO製D-509Eの買取をしていただきました。
大きくて持地運ぶことができなかったので出張買取をお願いしたところ、なんとその日の内に来ていただき、買取をしていただくことができました。買取価格もネットで調べた価格よりも高く、満足しています。
買取価格が他店より高かった。
商品がほぼ未使用の新品に近かったこともあり、どの買取店が提示する金額にも満足することができませんでした。フラワーさんはその点をしっかり考慮した査定をしていただき、納得のいく金額で買取っていただくことができました。

ONKYOのスピーカーの特徴

オンキョーを他社のスピーカーと比較してみると、現行展開されているモデルはポップスやロックを音量を上げて聞く場合にはパッとした明るさを感じ、それでいてクリアで聞いていて心地よいかと思います。
212EX以上のスピーカーになるとしっとり感や厚みといったスケール感も徐々に出てくるのですが、やはり小音量向きではないため,人によっては聞き疲れをするかもしれません。

ONKYOの歴史

ONKYO(オンキヨー株式会社)は、1946年にパナソニック(旧松下電器産業)を独立した五代武氏によって創業された日本を代表する音響機器メーカーです。
大阪電器音響社として創業されました。
五代氏が、パナソニックのスピーカー製造工場で工場長を務めていた時に培ったノウハウをもとに1947年に販売開始した自社製スピーカー内臓ラジオは、高価格であるにもかかわらず大ヒットしました。
この事がきっかけとなり、その後、数多くのオーディオ機器や、映像機器などを次々に発表。
業界内で確固たる地位を築き上げます。
1971年に社名をオンキヨー株式会社に変更し、1993年には株式会社東芝と資本提携。
2007年にはPCメーカーの株式会社ソーテックの株式を取得し、PC業界にも進出します。
2012年にはギターメーカー大手のGibson社、ティアック株式会社と資本提携を結ぶなど精力的な事業展開を行なっています。
オンキヨーはスピーカーユニットの素材から、部品開発、製作を一貫して行なっている珍しいメーカーとしても有名です。
オンキヨーの癖のないピュアなサウンドは、日本国内のみならず海外でも高い評価を受けており、今や世界的な音響機器メーカーとして世界中のオーディオファンから支持を集めています。

写真:女性

買取事例カテゴリー

イラスト:アイコン

オーディオブログ

もっと見る

オーディオ買取の流れ

問い合わせ、お見積もり、査定、お支払い
より詳しい買取の流れはこちら
簡単!スピーディー!!ラインで査定するならこちら

買取情報はこちら

トップへ戻る

2018 © オーディオ買取Flower All Right Reserved.