ラインQRコード

QRコードを読み取るか、
LINE IDを検索して
友だち追加して下さい!

オーディオ買取フラワーが選ばれる理由 買取の流れ 対応エリア 買取メーカー一覧 よくある質問 買取情報一覧
スピーカー アンプ プレイヤー
(オーディオデッキ)
レコードプレイヤー ヘッドホン
会社概要 サイトマップ
tel:0362767709
Technics スピーカー買取情報

Technicsのスピーカーの買取実績とお客様の声

Technics(テクニクス)は、パナソニックが展開する国内オーディオブランドです。低価格帯のエントリーモデルからハイエンド・プロ向けなど多くの音響機器を世に送り出しており、中古市場でも人気の高いブランドです。Technicsのスピーカーの買取なら実績豊富なフラワーにお任せください

Technicsのスピーカー買取強化商品一覧

SB-1000

買取金額

333,000

SB-8000

買取金額

129,000

SB-10000

買取金額

1,000,000

SB-MX200D

買取金額

115,000

その他のTechnicsのスピーカー買取事例

Technicsのスピーカー買取ご利用者様の声

片方鳴らない状態だったのですが買い取っていただけました。
テクニクスのSB-5000のスピーカーの買取をしていただきました。片方が鳴らない状態だったので、ジャンク品での買取になるかと思いましたが、思ったより高く査定金額がつき、良かったです。
電話対応がとても丁寧でよかったです。
ホームページに掲載されていない型だったので、買取可能かどうかを聞くために電話をしました。どういう型式だったかがわからなかったのですが、対応してくれた店員さんがとてもスピーカーに詳しい方だったので話がスムーズに進み、次の日に買い取ってもらうことができました。ありがとうございます。

Technicsのスピーカーの特徴

テクニクスの音は少し硬いサウンドで、国産のスピーカーに多かった解像度志向と言えるのではないでしょうか。
抜けはとても良い印象を受けます。
「SB-M20」というモデルだと高音はマイカ振動板の影響か少し個性的な音がします。
低音は多少物足り無さを感じますが締まりは良く、音場は横方向への広がりが良いですね。

Technicsの歴史

Technicsは、1965年に現パナソニック株式会社(旧松下電器産業株式会社) 内で、石井伸一郎氏と阪本楢次氏によって、国内の大手家電メーカーのオーディオブランドとして誕生しました。
石井氏が、1960年に「モーショナルフィードバック理論」(MFB)を日本音響学会に発表し、それを用いて20cmというサイズでスピーカーを開発したのがTechnicsブランドの始まりです。
その後、スピーカーシステムとアンプを組み合わせることでMFBシステムとして商品化し大きな成功を収めます。
同時期に他メーカーでもオーディオスピーカーの発売が活発だった中で、独立したステレオ事業部を立ち上げ、ミドル〜ハイエンドオーディオ市場への進出や、低価格帯製品の販売など、独自に技術の発展と製品の開発を続けてきました。
スピーカーとしては、Technicsの記念すべき1号目の小型スピーカーシステム「Technics1」が有名で、硬めのサウンドが特徴的なことからオーディオファンの間からは「げんこつ」の愛称で親しまれています。
現在でもその進化は留まらず、Technicsは日本を代表する音響機器メーカーとして愛され続けています。
2010年10月に、一度は一部のアクセサリーを残し生産を終了になりましたが、パナソニックは2014年に、高級オーディオ機器ブランドとしてTechnicsの再展開を発表しました。

写真:女性

買取事例カテゴリー

イラスト:アイコン

オーディオブログ

もっと見る

オーディオ買取の流れ

問い合わせ、お見積もり、査定、お支払い
より詳しい買取の流れはこちら
簡単!スピーディー!!ラインで査定するならこちら

買取情報はこちら

トップへ戻る

2018 © オーディオ買取Flower All Right Reserved.