ラインQRコード

QRコードを読み取るか、
LINE IDを検索して
友だち追加して下さい!

オーディオ買取フラワーが選ばれる理由 買取の流れ 対応エリア 買取メーカー一覧 よくある質問 買取情報一覧
スピーカー アンプ プレイヤー
(オーディオデッキ)
レコードプレイヤー ヘッドホン
会社概要 サイトマップ
tel:0120418200

【Western electric】300B のアンプ買取事例!買取金額はいくら?

このページでは【Western electric】300B の買取事例を紹介しています。買取金額の相場の参考になったり、実際の買取の現場のイメージがつくと思いますのでアンプの売却を検討している方は是非ご覧ください!

【Western electric】の300B の買取金額

303,000円

【Western electric】の300B について

No.300と言う真空管は1932年ウエスタンエレクトリックで300Aとして開発され、当時はP損失30Wでしたが1936年に40Wに改良されその翌年には300Bとして型番変更された。
300Bは映画用トーキシステムとして1086アンプや91-Bアンプに使用されているが、同時にコンソールアンプの電源抵抗管にも多用されており、また軍用にも納入していた。
NASAでは電源レギュレータに300Bを大量に使用していたとのこと。
1952年からは断続的に製造していますが1969年以降はBellに製造を移管した後1988年に製造を中止。
米国ではセトロン・(リチャードソンエレクトロニクス)がBellの承認を受け製造をおこなっていた。
他国ではカナダのノーザンエレクトリックと英国S.T.C.(4300A.4300B)が有名。
日本では1974年に岡谷電機産業(株)がHF-300Bと言う型番でモデファイして発表している。
WE-300Bとしては1995年にWestrexにて製造が再開され1997年復刻版300Bが再デビューして現在に至っている。
最近は中国・ロシア・スロバキアなどでも製造される様になり、中にはWE-300Bと同じ規格とは思えない程、異質な代物も出て来てバラエティに飛んだ時代となり、それなりに違った楽しみ方が出来そう。

買取フラワーのコメント

もはや伝説級のモデルなのは言うまでもありません。
今回はたまたま、遺品整理の中でこのWE-7Aが出てきて一同全員驚き、といった形になりました。
オーディオを知っている方以外にとっては謎の機械としてほったらかしになっていることも多いのです。

その他のWestern Electricのアンプ買取事例

その他の買取事例はこちら

もっと見る
写真:女性

買取事例カテゴリー

イラスト:アイコン

オーディオブログ

もっと見る

オーディオ買取の流れ

問い合わせ、お見積もり、査定、お支払い
より詳しい買取の流れはこちら
簡単!スピーディー!!ラインで査定するならこちら

買取情報はこちら

トップへ戻る

2018 © オーディオ買取Flower All Right Reserved.