ラインQRコード

QRコードを読み取るか、
LINE IDを検索して
友だち追加して下さい!

オーディオ買取フラワーが選ばれる理由 買取の流れ 対応エリア 買取メーカー一覧 よくある質問 買取情報一覧
スピーカー アンプ プレイヤー
(オーディオデッキ)
レコードプレイヤー ヘッドホン
会社概要 サイトマップ
tel:0120418200

【SONY】TA-DA5500ESのアンプ買取事例!買取金額はいくら?

このページでは【SONY】TA-DA5500ESの買取事例を紹介しています。買取金額の相場の参考になったり、実際の買取の現場のイメージがつくと思いますのでアンプの売却を検討している方は是非ご覧ください!

【SONY】のTA-DA5500ESの買取金額

53,000円

【SONY】のTA-DA5500ESについて

オートマティック・フェーズ・マッチング(以下APM)という機能を搭載。
フロント、センター、サラウンドといったそれぞれのスピーカーにそれぞれ個体差があっても位相周波数特性をフロントスピーカーの特性基準にあわせるものでマルチチャンネルをより高いクオリティをより簡単で正確に楽しめるというもの。
もともと付属のマイクを使って測定する事でスピーカーの距離やレベル、音圧の周波数特性の補正をおこなっていたが今回の新機能が組み込まれたものを総称して「アドバンストD.C.A.C.」という名称になった。
新開発とされる“HD デジタルシネマサウンド (HD-D.C.S.)”を搭載。
最新技術で精密な測定と解析をした上で、さらに実際に映画の音を編集しているソニー・ピクチャーズ エンタテインメントでの調整を加えて出来上がった技術で映画館独特の反響や残響音を感じられる「映画館らしい音」をBlu-RayディスクのHD音声で再現できるようにした。
シャーシには剛性が非常に高いメタル・アシスト・ホリゾンタルFBシャーシを採用。
以前のモデルと比べても基板の保持強度を大幅に向上していて爆発音や衝撃音のような大きな音圧がかかったときの部品の振動を抑え、低音を今まで以上に良質で強力な再生を可能にした
HDMI入力端子は6系統。
高音質性能を高めた“for AUDIO”入力は2系統に増加、
1系統だけを前面に持ってきて、ハンディカムのようなポータブル機器をすぐに使える利便性も向上。
HDMI出力端子は2系統。
切り換えだけでなく、同時に出力が可能になったので2台のディスプレイで同時に楽しめるようになった他、HDMIパススルー機能では、AVアンプの電源が落ちていてもHDMIをつながっている機器とディスプレイだけでの動作も可能。
HDMI出力をOFFにして映像が必要なければ、音質を重視したHDMI機器を使うこともできる。
“x.v.Color”、“Deep Color”、「ブラビアリンク」にも対応。
ネットワーク機能も強化されていて、DLNAクライアントとなる事でサーバーにアクセスして音楽や写真を再生したり、インターネットラジオ(SHOUTcast)も利用したり、付属ソフトのESユーティリティから、AVアンプの各種パラメータをPC上で確認や編集、ネットワーク経由でのファームウェアアップデートなどもできるようになった。

買取フラワーのコメント

買ったばかりだったそうです。
しかし音は良いものの、操作性があまり良いと感じず、そこからどうも愛着が湧くことが無く手放すことを決めたそうです。
つい視聴の際は音だけに注意しがちですが、しっかり操作性等も見ておきたいポイントですね。

その他のSONYのアンプ買取事例

その他の買取事例はこちら

もっと見る
写真:女性

買取事例カテゴリー

イラスト:アイコン

オーディオブログ

もっと見る

オーディオ買取の流れ

問い合わせ、お見積もり、査定、お支払い
より詳しい買取の流れはこちら
簡単!スピーディー!!ラインで査定するならこちら

買取情報はこちら

トップへ戻る

2018 © オーディオ買取Flower All Right Reserved.