ラインQRコード

QRコードを読み取るか、
LINE IDを検索して
友だち追加して下さい!

オーディオ買取フラワーが選ばれる理由 買取の流れ 対応エリア 買取メーカー一覧 よくある質問 買取情報一覧
スピーカー アンプ プレイヤー
(オーディオデッキ)
レコードプレイヤー ヘッドホン
会社概要 サイトマップ
tel:0362767709

【LUXMAN】SQ-N100 のアンプ買取事例!買取金額はいくら?

このページでは【LUXMAN】SQ-N100 の買取事例を紹介しています。買取金額の相場の参考になったり、実際の買取の現場のイメージがつくと思いますのでアンプの売却を検討している方は是非ご覧ください!

【LUXMAN】のSQ-N100 の買取金額

118,000円

【LUXMAN】のSQ-N100 について

コンパクトな筐体に真空管らしい艶と密度感のある音質を実現したフルファンクションのプリメインアンプ。
創業80周年を迎えた2005年、ラックスマンは自分たちが考えうる最高のオーディオアンプを作るべく、すべての技術と経験を結集してフラグシップモデルC-1000f、B-1000f を世に送り出した。
その開発によって得られたのは、必ずしも革新的な回路方式でなく、オーソドックスな基本技術をさらなる高みに昇華させるノウハウと、根気のいるチューニング作業による大きな効果だった。
シンプルな回路構成と、音質に関わる主要パーツの組み合わせを徹底的に吟味し作り上げたNeoClassicoは、まさにフラグシップと同じ価値観で実現された、最もコンパクトで本格的な真空管オーディオシステムといえる。
ボーカルやアコースティックな楽器の再生に特に魅力を発揮するといわれる真空管を採用したプリメインアンプを中心に、CD専用の2チャンネル設計によって充分な物量の投入と強固なメカニズムサポートを実現したCDプレーヤー。
深みのあるピアノ塗装仕上げによるブックシェルフ・キャビネットに小音量再生時の性能を重視したウーハーユニットをマウントした2ウェイ・スピーカーシステム。
システムだからこそ、すべての音質、音色をトータルコーディネートできる。その大きなアドバンテージは、2007年のオーディオライフに画期的な変化をもたらす。
コンパクトではあっても機能に妥協せず、本格的なプリメインアンプ機能によってオーディオシステムのコントロールセンターとしての役割を果たす。
一般家庭における必要充分な出力12W/6Ωを確保。高能率な純正スピーカーS-N100との組み合わせでさらにパワフルな演奏を楽しめる。
ロシア製の高品質な出力管(EL84)を24時間エージング後に選別し使用。
真空管ソケットには接触抵抗値の低い金メッキタイト製を採用。
4mm厚のアルミ・モノコック構造。重量パーツを吊り下げ固定したアンダースラング方式を採用。
コアサイズを往年の銘機SQ-38D搭載のOY-14と同タイプとすることで、高レギュレーションでゆとりのあるスピーカードライブを可能としている。
音量位置を指し示すインジケーター付きボリュームノブ。
リモコンによるミュート時に点滅し、リスニングポジションからの高い視認性を実現。
設置環境や音楽ソースに合わせた細かな音質調節を可能としたバス/トレブル方式のトーンコントロール機能を搭載。
音の純度を徹底的に高めたい方のためにラインストレート機能も用意した。
アナログシステムの接続に対応するMMフォノイコライザーアンプを内蔵。
本格的なレコード演奏を楽しめる。
標準プラグに対応したヘッドフォン出力端子を装備している。
プラグ挿入時は自動的にスピーカーへの出力が切れる設計になっている。
ハイエンドクオリティのライン接続ケーブルにも対応した18mmピッチの入力端子を装着した。
システムのグレードアップを図れるACインレットの採用によって純正以外のハイエンド電源ケーブルも装着可能。
A4サイズというコンパクトな筐体ながら、充実した大容量パーツの採用により、しっかりした完成重量に仕上がった。
リスニングポジションのまま音量操作が可能な、小型カードリモコンを付属している。

買取フラワーのコメント

サイズからは考えられない音を作り出してくれるアンプです。
しかし今回お伺いしたお客様がおっしゃるには、ご自宅に専用のオーディオルームを作るとのことで、オーディオもそれに合わせ新調するから買取を選んだとのことでした。
ご自宅にオーディオルームを設けれる、これはまさに浪漫ですね。

その他のLUXMANのアンプ買取事例

その他の買取事例はこちら

もっと見る
写真:女性

買取事例カテゴリー

イラスト:アイコン

オーディオブログ

もっと見る

オーディオ買取の流れ

問い合わせ、お見積もり、査定、お支払い
より詳しい買取の流れはこちら
簡単!スピーディー!!ラインで査定するならこちら

買取情報はこちら

トップへ戻る

2018 © オーディオ買取Flower All Right Reserved.