ラインQRコード

QRコードを読み取るか、
LINE IDを検索して
友だち追加して下さい!

オーディオ買取フラワーが選ばれる理由 買取の流れ 対応エリア 買取メーカー一覧 よくある質問 買取情報一覧
スピーカー アンプ プレイヤー
(オーディオデッキ)
レコードプレイヤー ヘッドホン
会社概要 サイトマップ
tel:0362767709

【LUXMAN】L-507uX のアンプ買取事例!買取金額はいくら?

このページでは【LUXMAN】L-507uX の買取事例を紹介しています。買取金額の相場の参考になったり、実際の買取の現場のイメージがつくと思いますのでアンプの売却を検討している方は是非ご覧ください!

【LUXMAN】のL-507uX の買取金額

233,000円

【LUXMAN】のL-507uX について

3パラレル化した出力段により、ドライブ力を大幅に向上したハイエンドモデル
初代L-507sの登場以来16年の歴史とXシリーズの成果を融合し、確信を持ってL-507uXへと進化させた。
改良を積み重ねてきた高音質負帰還回路ODNF Ver.3.0。 Xシリーズの特長である電子制御アッテネーターLECUA。
それらの搭載を前提に筐体と内部配置を完全刷新し、最適化された信号経路が、クリアネスと解像感を新たな次元へ導いた。
AB級アンプの持ち味であるキレとパワーもさらにハイレベルになったL-507uX。
リスニングのスタイルやシチュエーションに合わせた音量調節機能は、プリアンプセクションの重要な役割。
しかし従来の可変抵抗器を用いた摺動型ボリュームには、左右のレベル偏差、音量位置による音質の変化などの問題があった。
L-507uXは電子制御式固定抵抗切替型アッテネーターLECUA(LUXMAN Electric Controlled Ultimate Attenuator)を搭載することで、それらの問題を大きく改善し、より高い精度と鮮度で音量を制御、ダイナミックレンジやS/Nも大きく向上させた。
リモコンからの操作にも連動しながら直感的な操作性を維持し、ノブを回転させる際の手応えや操作フィーリングは摺動型ボリュームを踏襲。
出力信号の歪み成分のみをフィードバックさせるラックスマン独自の負帰還回路ODNF(Only Distortion Negative Feedback)。
初期スルーレートの速さと超広帯域、低歪が特長。
L-507uXが採用する最新版のVer.3.0は、誤差検出用差動回路の入力段をパラレル化することで、歪率やS/Nをさらに改善した。
また出力段は今回新たに3パラレル・プッシュプル構成を採用し、110W+110W(8Ω)、220W+220W(4Ω)の完全にリニアとなるパワーを獲得。
あらゆる特性のスピーカーを力強くドライブする。
信号や様々な負荷の変動に遅れなく追随するために、電源トランスにはレギュレーションの高いEIタイプを採用。
10,000μF×4本の大容量ブロックコンデンサーとの組み合わせで、ハイイナーシャ(高慣性)電源を構成している。
このゆとりある電源部が瞬発力と安定感を支え、さらにその駆動力を損失なく送り出すために、スピーカーの出力回路には低抵抗の大容量リレーをパラレル接続で使用。ダンピングファクターを向上させた。
フルモデルチェンジに伴い、内部構造も一新。
回路やパーツの配置を見直し、最も合理的で最も短い配線経路となる、ビーライン・コンストラクションを実現した。
また、基板上の配線経路が滑らかな曲線を描く、ラックスマン伝統のラウンド配線パターン基板もポイント。
この細やかな工夫によって、信号はストレス無くスムーズに伝送され、ナチュラルな音質を保つ。
ラックスマンのプリメインアンプにおける思想を明確に表すひとつが、高品質なMM/MC対応フォノイコライザーアンプ回路の内蔵。
フォノイコライザーアンプを別途に用意することなく、本格的なアナログレコード再生を楽しめる。
またモノラルモードスイッチや、不要な超低音の処理を行うサブソニック機能も搭載。
優れたオーディオ機器は優れた設計だけでは成り立たない。
音質重視のパーツで組み上げることも必要条件。
もちろんその条件を満たすL-507uXには、プリアンプのフラグシップC-1000fにも採用されている、セパレーションの良さとクロストークの少なさが特長のセレクタースイッチICや、スイッチングノイズが少なく直流電圧への変換効率の高い、ショットキーバリア・ダイオードを搭載。
内部配線材は、芯線に非メッキ処理を施して自然な伝送を実現した、独自のOFCワイヤーを採用。その全てがL-507uXの音を作り、磨き上げている。
ラックスマンのプリメインアンプは、単体で完結すると同時に拡張にも柔軟に対応する。
セパレートスイッチによってプリとパワーの回路ブロックを分離。
パワーアンプを追加してのバイアンプ駆動や、単体プリアンプの接続によるグレードアップなどが可能。
またサラウンドシステムを構築している場合は、そのフロントスピーカー用のパワーアンプとしてL-507uXを組み込むこともでき、ステレオとサラウンドのシステムを合理的に融合できる。
筐体はラックスマンの新たなスタンダードサイズである幅440mmに合わせて完全新設計。
ラックスマンのプリメインアンプの象徴と言えるアナログメーターを継承しつつ、操作ノブのひとつひとつまでがリファインされている。
頑強なトップパネルに施されているのは美しいヘアライン仕上げ。
またトップパネルは開口部を広げて通気性を向上することで放熱効果を高め、より安定した動作を実現している。
RCA入出力端子は、大型のプラグを搭載した高品質ケーブルも使用可能な、余裕ある18mmピッチで配置。
多様なケーブルへの対応と接続のしやすさを両立した。
スピーカー端子は、内部構造の全面的な刷新に伴い、LRチャンネルやAB系統が完全に均等な配線距離となる横一列のインラインレイアウトを採用。
オリジナルの大型スピーカー端子は、極太スピーカーケーブルの使用や、Yラグ、バナナ端子にも対応。
オーディオ回路においてアースの処理は音質に少なからぬ影響を与える。
L-507uXは筐体のアースがループを構成しないように巧みに処理された、独立コンストラクションのループレスシャーシを採用。
シャーシ上の迷走電流によるアースインピーダンスの上昇や磁界の発生など、音声信号に悪影響を及ぼす可能性のある要因を、徹底的に抑え込んでいる。
ケーブルの確実な保持とグレードアップを可能にした着脱式ACインレットは、金メッキを施したハイグレード仕様。
標準で付属する電源ケーブルJPA-10000はラックスマンのリファレンスタイプ。
ノンツイスト構造によって聴感上のうねりを解消し、伸びやかな音質を提供する。
また、高級感溢れるアルミ製リモコンはフロントパネルにある全ての機能と、対応するCDプレーヤーの主要な操作が可能。

買取フラワーのコメント

引越により家が手狭になるため、手放すことを決めたそうです。
確かにA級動作をさせるとこのモデルは思ったより放熱するので、ある程度の空間が必要になります。
昨今の日本の住宅事情を考えると、オーディオ好きにとっては住みにくくなっているといえるでしょう。

その他のLUXMANのアンプ買取事例

その他の買取事例はこちら

もっと見る
写真:女性

買取事例カテゴリー

イラスト:アイコン

オーディオブログ

もっと見る

オーディオ買取の流れ

問い合わせ、お見積もり、査定、お支払い
より詳しい買取の流れはこちら
簡単!スピーディー!!ラインで査定するならこちら

買取情報はこちら

トップへ戻る

2018 © オーディオ買取Flower All Right Reserved.