ラインQRコード

QRコードを読み取るか、
LINE IDを検索して
友だち追加して下さい!

オーディオ買取フラワーが選ばれる理由 買取の流れ 対応エリア 買取メーカー一覧 よくある質問 買取情報一覧
スピーカー アンプ プレイヤー
(オーディオデッキ)
レコードプレイヤー ヘッドホン
会社概要 サイトマップ
tel:0362767709

【FM Acoustics】FM411 のアンプ買取事例!買取金額はいくら?

このページでは【FM Acoustics】FM411 の買取事例を紹介しています。買取金額の相場の参考になったり、実際の買取の現場のイメージがつくと思いますのでアンプの売却を検討している方は是非ご覧ください!

【FM Acoustics】のFM411 の買取金額

1,515,000円

【FM Acoustics】のFM411 について

8年の歳月を費やして開発されたレゾリューションシリーズのステレオパワーアンプ。
電源部には、特殊な方法で製造された優れた性質のスチールを用いたトロイダルトランスを1個搭載。
一般的には複数トランスを使用した場合の方がクロストークを低く抑えるなどのメリットが得られますが、あえて優れたトランスを1個だけ搭載し、回路や物理的レイアウト、電源設計によって特性改善を図っている。
これにより、強力なトランスを1個だけ搭載することで、ティンパニなどの片チャンネルよりで定位する大電力が必要なソースでも余裕を持った再生が可能。
電源部にはカスタムメイドの高精度キャパシタを使用しており、極めて低いインピーダンスで電源供給を行っている。
FMアコースティクスのキャパシタはESR(電気的直列抵抗)を大幅に低減する技法を使用することでリップル電流容量を高めており、周波数帯域全体にわたるリニアリティを獲得している。
また、レゾリューション・シリーズでは特殊なサージ保護回路を搭載しており、ソフト・スタート機能によってラッシュ電流を制限しています。これによりラッシュ電流によるキャパシタの劣化を低減し、寿命を伸ばしている。
アンプ設計にスター・グランド方式を採用することで低インピーダンス化を図っている。
スター・グランド方式は各増幅段それぞれを中心のグランドポイントへグランド接続する方式で、グランド変調や電源インピーダンスが抑えられ、グランド接続を介して起きるステージ間の干渉を防いでいる。
また、シャーシは電源アースにのみ接続されておりオーディオグランドには接続しない設計となっています。これにより、オーディオグランドに接続している場合に起こる、アース接続されたプリアンプ等とXLRケーブルで接続した際の歪・発振・ハムなどを防いでいる。
アンプ回路にはオーバーオールのフィードバックを使用しない独自のフル・ディスクリートA級設計を採用。
また、ディスクリート構成のA級バランス入力段によって90dB以上の優れたコモンモード・リジェクションを獲得している。
バランス入力段には精密にステップを調整した3つの電圧ゲイン段が設けられており、次いでプリ・ドライバ段、ドライバ段、出力段と続く構成となっています。これにより各段は最低動作範囲のみで動作することができ、過剰な負担を防ぐことで長期にわたる高い安定性の維持を可能にしている。
また、ドライバー段以前の全ステージにわたって純A級動作を保障しており、出力段は特別に強化したAB級動作としている。
この回路構成と厳選した部品の採用によって動的・静的歪の発生を抑えている。
トランジスタには選別品が使用されている。
FMアコースティクスでは、1つ1つのトランジスタに電圧250V・電流20A以上に至るまで広範囲の測定を行い、静的・動的に全く同一の特性を持つトランジスタペアを見つけて使用している。
さらに温度による特性変化も考慮されており、トランジスタチップはハーメティック・シールドのセラミック筐体に収められている。
この筐体は、平均的な出力半導体がおよそ10~20mm2であるのに対し、46mm2もの表面積を持つ大型のものとなっている。
また、半導体には通常の高品位出力素子の約10倍高速なバイポーラ・トランジスタを使用しています。MOSFETはチップ上の積算抵抗による出力電流の圧縮を避けるため、あえて使用していない。
保護システムを搭載しており、電源ラインにおけるトランジェント、接続された機器の高域発振、強力なRF信号、回路ショート、DCオフセット電圧、アース/グランドの不完全等のエラーが発生した場合、すぐに負荷が切り離されてオフとなる。
この保護システムでは回路経路、オーディオ出力ライン、DCサプライ・レールなどにヒューズ等のノンリニアな部品を使用しておらず、オーディオ信号への悪影響を少なくしている。
FM411の保護システムでは、コンピューターがピーク・平均双方の出力電流、レール電圧、出力電圧、温度、バイアスなどの回路の様々ナパラメーターを毎秒20下位のレートでサンプリングしており、そのデータを実用環境での値と比較している。
出力に回路ショートが発生したり、平均のラッシュ電流が極めて大きくなった場合、出力電圧は無くなり、レール電圧も下降する。
この状態になるとFM411では出力を遮断し、電源ランプを点滅させてエラーメッセージを表示。
それと同時に別の回路が毎秒20回のレートで負荷インピーダンスを測定し、回路ショートがなくなるとアンプを自動的に復帰させる。
DCオフセット等の場合は、1V以上のDCが表れると出力を遮断し、DC Errorを表示します。その後測定を続けてDCが除去されるとアンプは自動復帰する。
グランド・ループや接続機器の発振に起因する高域発振に対しては、一般的な高域フィルターではなく、20kHz以上の全周波数を測定するセンサによって対処している。
連続的な高域信号があった場合には瞬時に出力を遮断し、電源ランプを点滅させてHFErrorを表示します。この場合は高域が除去されると復帰。
この他にもマルチ・センサ/マルチ・エリア過熱保護回路、保護回路用の保護回路などの保護機構を装備しており、非常に高い信頼性を獲得している。
内部配線には特製の低損失ケーブルであるFORCELINESを使用しており、接点にハンダ付けで接続している。
また、用途に適した素材を使用するため、大電流配線材の接点素材には金を使用していない。
また、内部接続、グランド接続、ならびにネジ類はトルク可変のドライバーで締められており、ネジ1つ1つが正確な適正トルクで締め付けられている。
レール電圧(供給電圧)の接続や出力の接続は精度の高いハンダ付けとしている。
フロントパネルには、レーザー加工後に精度高く陽極処理された削り出しアルミニウム900を採用。
また、手作業でラウンド処理されたエッジや、アンプ内部に物が落ちるのを防ぐ特殊処理、アイソレートされた出力端子に至るまであらゆる部分において共振の分析がされており、共振が見つかったものは徹底して排除している。
さらに完成品は音響共振を抑えるのに必要な素材や方法によって機械的ダンピング処理が施されている。
こうした共振が発生しがちな部分は、特殊な発泡材やデルリン/2といったゴム、その他の素材でダンピングされている。
なお、トランスや電解コンデンサ等の実装にも相互にデカップリングする目的で使用されている。

買取フラワーのコメント

ノイズが出るため見てもらったところ、入力部分のグランド浮きとモジュール不良があったそうです。
しかし直す料金を考えれば、今狙っているモデルを買った方がいいのではないかと考え買取依頼をされたそうです。
直す料金も馬鹿になりませんからね、オーディオは。
賢い選択と言えるでしょう。

その他のFM ACOUSTICSのアンプ買取事例

その他の買取事例はこちら

もっと見る
写真:女性

買取事例カテゴリー

イラスト:アイコン

オーディオブログ

もっと見る

オーディオ買取の流れ

問い合わせ、お見積もり、査定、お支払い
より詳しい買取の流れはこちら
簡単!スピーディー!!ラインで査定するならこちら

買取情報はこちら

トップへ戻る

2018 © オーディオ買取Flower All Right Reserved.