ラインQRコード

QRコードを読み取るか、
LINE IDを検索して
友だち追加して下さい!

オーディオ買取フラワーが選ばれる理由 買取の流れ 対応エリア 買取メーカー一覧 よくある質問 買取情報一覧
スピーカー アンプ プレイヤー
(オーディオデッキ)
レコードプレイヤー ヘッドホン
会社概要 サイトマップ
tel:0362767709

【FM Acoustics】FM155 のアンプ買取事例!買取金額はいくら?

このページでは【FM Acoustics】FM155 の買取事例を紹介しています。買取金額の相場の参考になったり、実際の買取の現場のイメージがつくと思いますのでアンプの売却を検討している方は是非ご覧ください!

【FM Acoustics】のFM155 の買取金額

436,000円

【FM Acoustics】のFM155 について

レゾリューションシリーズ・プリアンプの開発の中から得られたアイデアを投入し、ラインステージ用に設計されたプリアンプ。
独自のエンハンスド・クラスA回路を採用しており、オーバーオール・フィードバック/フィードフォワードを一切使用しない。
また、特別設計のバイアス回路を採用しており、ウォーミングアップ後に歪のフォームが変化したり音色が変わるのを防いでいる。
また、この回路によって長時間のウォーミングアップが必要なく、極めて迅速に動作温度に達する。
回路構成はフルディスクリート構成となっており、特性のカーブ・トレーサー分析と試聴を経た半導体のみを使用。
一般的なアンプのテープモニター回路にはパッシブ・スイッチのみを使用していますが、モニターループを使用する機器の入力・出力インピーダンスや入力・出力回路の特性はそれぞれ異なるため、音質の一貫性が損なわれ、満足のゆく再生音が得られない場合がある。
そこで、FM155のテープ入出力にはディスクリート・クラスAバッファー回路を搭載しており、高いレベルの出力を、これに続く負荷からアイソレートしている。
これにより負荷やソースの種類に関わりなく常に一定の音質と純度の高い信号伝送を実現。
また、周波数のノンリニアリティや歪、音の圧縮や詰まりも解消された。
FM155の内部には信号伝送用の配線材を一切使用していない。
また、ユニットによる性能のばらつきもない。
出力レベルやバランスのコントロールにはFMアコースティクス用に特別設計されたものを使用しており、専用マシンによってハンドセレクトされている。
トランスには浮遊磁界を防止する特製デュアル・シールドを採用。
パーツ類にはDIN、IEC、MIL規格パーツを使用しとえり、ハンド・セレクションやハンド・マッチングが徹底されている。
スイス製4接点式超高精度リレーにはハーメチック・シールが施されている。
これによって接点が周囲の環境に影響されるのを防いでいる。
また、特殊コーティングの施された4つの接点は数千万回のスイッチ切換動作に耐える事ができる。
完全モジュラー設計を採用。
全出力回路はショートから保護されている。
FM155には遅延式スイッチオンを採用しており、スイッチオン時は出力に信号が流れ図、自己診断を行った後に各部が完全な状態になったら制御回路が出力を起動します。なお、完全な動作状態になるまでおよそ10秒を要する。
FM155はバランス・アンバランスを問わずあらゆる機器と接続が可能で、これに必要なケーブル、RCA/フォノ、XLRコネクター類はプレシジョン・インターフェフェース・テクノロジー社から用意されている。
また、フィッシャーやカマック等の他の型式のコネクターについては特別注文で対応している。

買取フラワーのコメント

FM155はFMのプリアンプ、パワーアンプの中でも、エントリークラスに位置しながら傑作機として広く知られているモデル。
音像の強靭な実態感の高さは最強クラスではないだろうか。
今回終活の一環として手放すことを決めたそう。
オーディオ人口は以前いるものの、やはり減ってきたことは否めない。
せめて後世に名器を残したいと仰っていました。

その他のFM ACOUSTICSのアンプ買取事例

その他の買取事例はこちら

もっと見る
写真:女性

買取事例カテゴリー

イラスト:アイコン

オーディオブログ

もっと見る

オーディオ買取の流れ

問い合わせ、お見積もり、査定、お支払い
より詳しい買取の流れはこちら
簡単!スピーディー!!ラインで査定するならこちら

買取情報はこちら

トップへ戻る

2018 © オーディオ買取Flower All Right Reserved.