ラインQRコード

QRコードを読み取るか、
LINE IDを検索して
友だち追加して下さい!

オーディオ買取フラワーが選ばれる理由 買取の流れ 対応エリア 買取メーカー一覧 よくある質問 買取情報一覧
スピーカー アンプ プレイヤー
(オーディオデッキ)
レコードプレイヤー ヘッドホン
会社概要 サイトマップ
tel:0362767709

【JBL】4344 Mk II のスピーカー買取事例!買取金額はいくら?

このページでは【JBL】4344 Mk II の買取事例を紹介しています。買取金額の相場の参考になったり、実際の買取の現場のイメージがつくと思いますのでスピーカーの売却を検討している方は是非ご覧ください!

【JBL】4344 Mk IIの買取金額

425,000円

【JBL】4344 Mk II について

低歪率・ワイドレンジ再生をテーマに、開発されたリファレンスモニター4344のリファインモデル。
圧倒的なダイナミズムをそのままに、よりワイドでスムーズなレスポンスを実現しています。
低域用には38cmコーン型ウーファーであるME150HSを搭載。
振動板には高剛性ファイバーコンポジットコーンを採用。
このコーンは表面にアクアプラスコーティングを施すことで適度なダンピングを獲得しています。
振動板を対称磁界で低歪でドライブするSFG(シンメトリカル・フィールド・ジオメトリー)磁気回路を内蔵。
独自のベンテッド・ギャップ・クーリング強制冷却機構を搭載しており、優れたトランジェント特性と低歪率を実現しています。
中低域用には25cmのコーン型ユニットである2123Hを搭載しています。
中高域用には1インチスロートのドライバーユニット275Ndを搭載しています。
このユニットにはネオジウムマグネットを採用しています。
ホーンとアコースティックレンズの一体感を高めシャドーイフェクトを改善し、より明確な音像定位を実現。
高域用にはリングラジエーターを採用したウルトラハイフリシードライバーの2405Hを搭載しています。
可聴帯域を超える信号を連続・ハイパワーで鳴らし込める高い信頼性を得ています。
ネットワーク部は低音域用と中低音域以上用に分離した独立基板を採用しており帯域間の干渉を防いでいます。
中低域以上用のネットワーク回路には、コンデンサにバイアスを加えた上でAクラス動作させるチャージカップルド・リニアディフィニション・ネットワークを採用しており、ゼロクロス歪の発生を排除してます。
チャンネルディバイダーを併用したバイアンプドライブやバイワイヤリング接続にも対応しています。
中低域、中高域、高域の各ユニットの出力音圧レベルを調整できるアッテネーターボリュームを装備しています。
エンクロージャーにはバスレフ方式を採用しています。
板材にはK2シリーズと同じ高密度MDF材を使用してます。
スピーカーターミナルには大型バインディングポスト型を採用しており、極太ケーブルに対応しています。

買取フラワーのコメント

好き嫌いが割とはっきり出るスピーカーですね。
お客様の中でも購入時に色々葛藤があったそうです。
しかし、やはり自分好みの音に近づけることに難しさを感じ、違うモデルに買い替えるとのことでした。

その他のJBLのスピーカー買取事例

その他の買取事例はこちら

もっと見る
写真:女性

買取事例カテゴリー

イラスト:アイコン

オーディオブログ

もっと見る

オーディオ買取の流れ

問い合わせ、お見積もり、査定、お支払い
より詳しい買取の流れはこちら
簡単!スピーディー!!ラインで査定するならこちら

買取情報はこちら

トップへ戻る

2018 © オーディオ買取Flower All Right Reserved.