ラインQRコード

QRコードを読み取るか、
LINE IDを検索して
友だち追加して下さい!

オーディオ買取フラワーが選ばれる理由 買取の流れ 対応エリア 買取メーカー一覧 よくある質問 買取情報一覧
スピーカー アンプ プレイヤー
(オーディオデッキ)
レコードプレイヤー ヘッドホン
会社概要 サイトマップ
tel:0362767709

【Pioneer】EXCLUSIVE P3 のレコードプレイヤー買取事例!買取金額はいくら?

このページでは【Pioneer】EXCLUSIVE P3 の買取事例を紹介しています。買取金額の相場の参考になったり、実際の買取の現場のイメージがつくと思いますのでレコードプレイヤーの売却を検討している方は是非ご覧ください!

【Pioneer】のEXCLUSIVE P3 の買取金額

264,000円

【Pioneer】のEXCLUSIVE P3 について

1枚のディスクの音を極限に近く引出し、さらに振動を可能な限り除去し高忠実度再生を実現するため、コスト的制約や技術的妥協を排除し、技術のノウハウの全てを注ぎ込んで1台1台ハンドメイドで仕上げられたステレオプレイヤーシステム。
フォノモーターと軸受構造には、スロットレス、コアレス構造のリニアトルク方式のDDモーターをクォーツPLLで制御する方式を採用しています。
さらに、回転軸部の重心を低く設定したSHR(Stable hanging rotor)方式の軸受構造を採用することにより、従来の測定方法では不可能だな回転ムラ0.003%以下・回転数精度0.001%の回転性能を実現してます。
SHR方式は、軸受構造を従来方式の逆構造に設計したもので、まず、支点を重心に近づけ、従来の軸受部を回転側に変更したことにより、回転中に軸受部に慣性が生じ、軸に側圧がかからなくなっています。
そして、ガタつき防止のため、軸受のクリアランスは最小限にとってあり、ターンテーブルの外周に加わるカートリッジの負荷に対しても、十分なトルクとターンテーブルの慣性を設定しています。
磁力の強い異方性フェライトマグネットを使ったデュアルローター構造のハイトルクモーターにより、レコードカッティング装置なみのハイトルク(10kg-cm)を実現しています。
さらに、慣性質量700kg-cm2のターンテーブルや過渡特性の優れたサーボ回路の採用とあいまって優れた起動特性(スイッチオン後0.3秒で定速回転)、耐負荷特性(針圧換算で1.5kg)を実現し、安定した精度の高い回転特性を得ています。
トーンアーム部には、トーンアームの軽等価質量化に加え、質量を回転軸に集中したマスコンセントレーション方式とオイルダンプ調整機構を搭載しています。
アーム軸上に信頼性の高いシリコンオイルによる制動を加えることにより、低域の量感と混変調歪の低減を実現しています。
また、カートリッジの特性に合わせてオイルダンプの制動量をコントロールでき、ダンプをオフにすることも可能です。
トーンアーム部は、機械インピーダンスを平坦化させるために、あらゆる部分の振動モードの解析と試聴を繰り返し行い、ヘッドシェル一体のカーボンファイバー製インテグレーテッドアームパイプを採用しています。
市販のヘッドシェルの使用を可能にするため、ストレートパイプとS字型ユニバーサルアームパイプの交換が可能です。
電子回路の働きでモーターと逆回転の力を加える電子式ブレーキと、プランジャーを使ってローターの回転を止めるメカニカルブレーキを併用したクイックストップ機構を搭載しています。
モーター部とトーンアーム部を、アルミニウムと高比重材料の硫酸バリウムを積層した重量12kgのベースに固定しています。
さらに、ベースをキャビネットから完全にフロートして、スピーカーからの音圧や床からの振動を遮断するコアキシャルサスペンション方式の防振構造を採用しています。
高いハウリングマージンを可能にするため、三重構造のインシュレーターを採用しています。
25kgの本体を62mmのスプリングを用いたオイルダンプ式ピストン構造で支え、さらにスプリングのサージングを吸収させるために特殊ゴムを使っています。
また、インシュレーターの固有振動数をトーンアームの固有振動数より低い5Hz以下に設定してあるため、コアキシャルサスペンションの防振構造とあいまって高いハウリングマージンを得ています。
キャビネットにはブラジリアンローズウッドの天然木目仕上げのキャビネットと、ハウリング防止に優れた強化ガラス製のダストカバーを組み合せたデザインとなっています。
P3aと同じアームを装備する場合のため、別売りでトーンアームがありました。

買取フラワーのコメント

ハンドメイドで作られた、非常に忠実に音を再現してくれるモデルです。
節々に目の付け所というか、技術の高さが伺えるスペックになっていますね。
現在オーディオを楽しむ時間を全然持てず、勿体ないから買取に出そうと決めたそうです。

その他のPioneerのレコードプレイヤー買取事例

その他の買取事例はこちら

もっと見る
写真:女性

買取事例カテゴリー

イラスト:アイコン

オーディオブログ

もっと見る

オーディオ買取の流れ

問い合わせ、お見積もり、査定、お支払い
より詳しい買取の流れはこちら
簡単!スピーディー!!ラインで査定するならこちら

買取情報はこちら

トップへ戻る

2018 © オーディオ買取Flower All Right Reserved.