ラインQRコード

QRコードを読み取るか、
LINE IDを検索して
友だち追加して下さい!

オーディオ買取フラワーが選ばれる理由 買取の流れ 対応エリア 買取メーカー一覧 よくある質問 買取情報一覧
スピーカー アンプ プレイヤー
(オーディオデッキ)
レコードプレイヤー ヘッドホン
会社概要 サイトマップ
tel:0362767709

【MARANTZ】SA-1 のプレイヤー買取事例!買取金額はいくら?

このページでは【MARANTZ】SA-1 の買取事例を紹介しています。買取金額の相場の参考になったり、実際の買取の現場のイメージがつくと思いますのでプレイヤーの売却を検討している方は是非ご覧ください!

【MARANTZ】のSA-1 の買取金額

124,000円

【MARANTZ】のSA-1 について

最高精度レベルのD/Aコンバーターをはじめとする厳選パーツ群により開発されたマランツのSuper Audio CDプレイヤー1号機。
1bitデュアルD/AコンバーターDAC7(TDA1547)をチャンネルあたり2個ずつ(D/Aコンバーターとしては4個)使用することにより、CDの64倍にも及ぶサンプリング周波数を持つDSD(ダイレクト・ストリーム・デジタル)信号のD/A変換を実現しています。
CD再生時には、8倍オーバーサンプリングデジタルフィルターDF7(TDA1307)を使用しており、サンプリング周波数44.1kHzのCDの音楽信号をビットストリーム・データへ変換し、4タップ構成のD/Aコンバーター部へと受け渡しています。
オーディオ回路には、マランツ・オリジナルのハイエンド・デバイスHDAM(高速電圧増幅モジュール)を、ツインバックしたデュアルHDAMを採用しています。
熱や振動、電磁波の影響を最小レベルにまで抑える高いシールド構造により安定した性能を実現したHDAMをツインパックとすることで、理想的なハイスルーレート/ローインピーダンスを達成しています。
電源部のメイン電源トランスには、銅メッキ・シールドカバー付きのスーパーリングコア・トロイダルトランスを採用しています。
このトランスは漏洩磁束レベルを約10分の1程度にまで低減するとともに、80VAという大容量を持っており、余裕のあるレギュレーションを実現しています。
また、蛍光表示管への電源供給には専用のトランスを用意しています。
さらに、表示管のデータ表示のほか、ヒーター電源もオフにすることが可能など、ノイズの遮断対策がとられています。
電源部には特別セレクト品のブロックケミコンが採用され、さらに削り出しRCA金メッキピンジャック、金メッキバランス出力端子、デタッチャブル式ACコードなどの厳選したパーツを採用しています。
外部からの振動や内部で発生する共振を排除するため、メカニズムとそのベース・シャーシには亜鉛ダイキャストを、メカローダー・トレイにはアルミ・ダイキャストを、それぞれ採用しています。
さらに、メカニズムのサーボ系から発生する輻射ノイズのシャットアウト対策として、銅メッキ・シールドカバーを採用しています。
スチール製銅メッキ6.4mm厚、重量6.7kgのベースプレートを使用しており、ダイキャストメカニズムを強固に固定すると同時に、高い剛性によって内外からの振動・共振・共鳴を低減しています。
トップカバーには5mm厚のアルミ・トップカバーを採用しており、筐体は、正面、上面、側面からビスを排除した構造となっています。
2chSACDの規格ディスクである全てのディスク(シングル・レイヤー・ディスク、デュアル・レイヤー・ディスク、ハイブリッド・ディスク)に対応しており、DST信号で記録された2チャンネルディスクの再生や、CD/CD-Rディスクの再生も可能です。
アルミトップリモコンが付属しています。

買取フラワーのコメント

壊れては直し壊れては直しを繰り返し使い続けていたものの、さすがに維持費が辛くなり手放すことを決めたそうです。
年式が古いモデルは避けては通れない問題になりますね。
また、パーツの取り置きも年々無くなってきます。
愛でカバーしていくか、現実を取るか、オーディオファンにとっては苦渋の決断になりますよね。

その他のMARANTZのプレイヤー買取事例

その他の買取事例はこちら

もっと見る
写真:女性

買取事例カテゴリー

イラスト:アイコン

オーディオブログ

もっと見る

オーディオ買取の流れ

問い合わせ、お見積もり、査定、お支払い
より詳しい買取の流れはこちら
簡単!スピーディー!!ラインで査定するならこちら

買取情報はこちら

トップへ戻る

2018 © オーディオ買取Flower All Right Reserved.