ラインQRコード

QRコードを読み取るか、
LINE IDを検索して
友だち追加して下さい!

オーディオ買取フラワーが選ばれる理由 買取の流れ 対応エリア 買取メーカー一覧 よくある質問 買取情報一覧
スピーカー アンプ プレイヤー
(オーディオデッキ)
レコードプレイヤー ヘッドホン
会社概要 サイトマップ
tel:0120418200

【DENON】DP-S1 のプレイヤー買取事例!買取金額はいくら?

このページでは【DENON】DP-S1 の買取事例を紹介しています。買取金額の相場の参考になったり、実際の買取の現場のイメージがつくと思いますのでプレイヤーの売却を検討している方は是非ご覧ください!

【DENON】のDP-S1 の買取金額

187,000円

【DENON】のDP-S1 について

音楽が生み出された瞬間の音をありのまま再現する、この理想を全てに優先させたモデル。
振動を起こしやすいトレイ部を排除し、トップローディング機構を取り入れました。
また、ドア開口部には特殊エアシールドを施し、ドアには外乱光をシャットアウトするためアルミダイキャストを採用。
原音再生の徹底追求によって生み出された先進の精密機構は、偶然にもアナログプレーヤーの密やかな儀式性を取り戻すトップローディングとなりました。
軽量であるCDは様々な外乱によって微振動し、その結果、ミクロン単位が要求されるピット読み取り精度が損なわれます。
そのエラーのほとんどは、高度な訂正能力をもつ信号処理LSIやサーボによって補間訂正されます。
しかし皮肉なことに、そのサーボ自体の駆動電流変動が音質に影響をもたらします。
本機では従来のデジタルオーディオの常識を超えた高精密メカニズムによって、かつてない振動の抑止を達成しました。
シャーシには振動の減衰が速く、非磁性体の砂型鋳物を採用しました。
また大重量化と低重心構造により、外部からの振動エネルギーを吸収する徹底した無振動設計を実現しています。
さらに、床とダイレクトに接するインシュレーター部では、振動を熱に変換してきわめて高い防振効果を発揮する焼結合金とアルミニュームの異種金属の複合材を採用。
また、銅板とテフロンをはさみ込み、接地面には純毛のフェルトを使用することで不要振動をさらに排除しました。
CDトランスポートのシャーシは外部振動を遮断するため、ある程度の質量が必要となります。
しかし、重量のみで振動を遮断することはもちろん不可能です。
本機の砂型鋳物製極厚メカベースはオイルダンバーとスプリングによって、揺れ戻しを吸収する振動抑圧構造です。
まずメカベースが、ボトムシャーシからフローティングされ、次に特殊粘弾性シールドとスプリングの2重構造でメカトラパースがフローティングされ、さらにピックアップがメカベースの台座からフローティングされる3重構造。
完璧なまでの再生時の耐振性を誇ります。
高剛性ピックアップメカは外部振動の影響を最も受けにくいセンターにレイアウト。
左右の基板はそれぞれ、電源部、トランスミッター部にわけられ、できるだけシンメトリカルにするなど、ウェイトバランスにもきめ細かな配慮を施しました。
スピーカーからの音庄の影響を排除し、剛性を確保するため、球面やR形状を巧みに活かした優美なラウンドフォルムを独自に創出。最新のモーダル解析によってつくり出された理想のフォルムです。
スピーカーからの音庄の影響を抑えるため、上面ディスク装着部のドア開口部には特殊エアシールドを採用。
隙間から侵入する空気振動をシャットアウトし、ピックアップメカ部の気密性を大幅に向上させました。
さらに、スタビライザーでCDをダンプすることで外来音庄に対する影響を排除しています。
CDの微細なピットはピックアップからのレーザー光によって読み取られます。
従って再生時のディスクに同じ波長の光があたった場合、読み取り判別不可能となり、エラーレートが増大します。
本機のドアには、アルミダイキャストを採用。外乱光の侵入をことごとく排除します。
CDの共振を防ぐため、本機では、平面スタビライザーで全面をダンプすることで外部からCDが受ける振動、音庄を排除し、また、ディスクのソリを矯正します。
ピックアップからの光を垂直に保ち、ミクロン単位のピットを正確に読み取り、信号処理部の補間にたよることなく、サーボ電流も減少させます。
リニアスケートのピックアップ、平面スタビライザーによってもたらされた高度な読み取りをさらに徹底すべく、ピックアップの送りには、新開発のリニアモーターを搭載。
長年磨き抜いた高精密メカニズムをもとに、超静粛性と高速アクセス性能を実現しています。ピックアップのレーザーが読み取るCDのトラックピッチは1.6μm。
現在ほとんどの機種で使われているウォームギア方式は、送りのためのギアのガタがCDのトラックピッチを上回るため、レーザーをCD面に直角に照射しにくいという課題を持ちます。
本機では、ギアを用いず無接触で浮動するリニアモーターによって、つねにCD面に直角にレーザーを照射しています。
リニアモーターによりピックアップの微小送り分解能を向上させ、きわめて高い読み取り精度を獲得しました。
その作製難度から、いまや貴重な存在になりつつあるリニアモーター駆動の採用は、DENONの原音再生思想の具現化でもあります。
CDの場合、読み出しの際にエラー訂正を行なうバッファーRAMがあり、アナログプレーヤーのように正確な回転精度は要求されません。
しかし、コギング(回転速度ムラ)が大きくなれば、当然、RAMがあふれます。
本機では、モーター回転に起因するエラー低減のため、4つのアプローチを展開しています。
高トルク・コギングレス・モー夕ーの開発:大口径スタビライザーを回転させるために、それを支える強靭なメカニズムを創出しました。
アナログプレーヤーのモーターにも匹敵するトルクを有し、コギングもない高トルク・ホールモーターを開発。
正確でなめらかな回転により読み取りジッターを飛躍的に低減しました。
スタビライザーの質量を大きくし、その慣性を利用することでさらになめらかな回転を得ています。
大重量を支える軸受けにも耐久性が求められます。
もし軸受けが磨耗し、ディスクの位置が下がることになれば、ディスクに収束するレーザーの焦点位置にズレが生じます。
それを防ぐために、軸座には、高い硬度をもち、かつ摩擦係数の少ないルビーの板を採用しました。
さらに大口径スタビライザー、ディスク、そして自動調芯式のステンレス削り出しターンテーブルを支えて高速回転するスピンドルシャフトは、軸のフラつきを防止するため高剛性の直径6mmの極太型を採用しました。
メカ自体の読み取りジッターを抑え、エラーレートを低減していますが、さらに万全を期すため信号処理部の読み出しバッファーRAMを大容量化(32K)し従来比7倍もの±28フレームにもおよぶジッターマージンを獲得しています。
豊富なデジタルインターフェースによって、海外のハイエンドオーディオ機器にも自由につないでいただけます。
ST-Link、TOS-Link、平衡形ライン(AES/EBUバランス伝送)XLR、不平衡形(2線式同軸アンバランス伝送)RCA、BNCの5種類を搭載。
とくにST-Linkは、米国AT&T社の純正規格に対応、ST型の光入力を持っている機器と接続が可能です。
本機は純正規格に準拠したインターフェースと細心の配慮を施したパターンレイアウトによって安定した信号伝送を誇ります。
ピックアップが読み取った信号をジッターなどの影響から守り、正しいタイミングでD/Aコンバーターへと送るために。
より優れたインターフェースをお望みの方にはDENON D/AコンバーターDA-S1とのST Gen-Lockによる同期ドライブをお薦めします。
D/Aコンバーター側のマスタークロックでCDトランスポート側のICが同ータイミングで作動。
デジタル伝送で生じるクロックのジッターの完全追放を可能にしました。
44.1kHzのワードクロックのような低い周波数を用いて同期をかける場合には、CDトランスポート側にもPLL回路と水晶発振器が必要となるため、厳密にはマスタークロック方式ではありません。
水晶発振器の高い発振周波数を安定させて送るために、本機ではST-Linkを採用。
384fsのクロック周波数をD/AコンバーターからCDトランスポートヘ伝送する、ST-Linkを使ったマスタークロック方式を開発しました。
3km延長した際にも50メガビット/秒という伝送レートを実現するST-Linkの登場とともに、デジタルインターフェースの世界では伝送ビット競争が起こりはじめています。
ここで問題となるのは、データトランスミッター、レシーバーで使用している部品の伝送容量と、伝送している信号自体の速度(バイフェーズマーク変調方式による伝送方法)です。
これらすべては、アナログ伝送であるタイミング信号をゆらぎのないものとすることから起因しています。
しかし、高周波成分を含むデジタルオーディオ信号を同軸ケーブルで送信する場合は、他の機器への電波妨害が心配されます。
このため、伝送波形をある程度鈍らせて伝送しているのが実状です。
このためケーブルだけを高帯域にしても、効果は少ないといえます。
この課題を本機ではST Gen-Lockによる同期ドライブで根本から解決。
本機が実現したST Gen-Lock方式による同期ドライブなら、D/Aコンバーター側に搭載されたマスタークロックを用いてCDトランスポートが動作するため、発振周波数と受信周波数が完全同期し、いくら引き込み幅が狭くても安定してロックすることができます。
1つの水晶発振器ですべてをコントロールし、データ伝送とタイミング伝送を完全分離することで、ケーブルの伝送スピードに左右されないインターフェースを実現。
なお、ST Gen-LockはST-Link、TOS-Link、XLR、RCA、BNCのデータ伝送すべてに対応します。

買取フラワーのコメント

DA-S1との組み合わせでお使いになられていたそうですが、違うメーカーの音に心変わりしてしまうキッカケが最近あったそうで、買取依頼を出されたそうです。
メーカー毎、モデル毎に音は変わり、また終わりの無い探求があります。
良いと思えた音に出会えたなら、それだけに向かうことが一番の正解なのかもしれませんね。

その他のDENONのプレイヤー買取事例

その他の買取事例はこちら

もっと見る
写真:女性

買取事例カテゴリー

イラスト:アイコン

オーディオブログ

もっと見る

オーディオ買取の流れ

問い合わせ、お見積もり、査定、お支払い
より詳しい買取の流れはこちら
簡単!スピーディー!!ラインで査定するならこちら

買取情報はこちら

トップへ戻る

2018 © オーディオ買取Flower All Right Reserved.