ラインQRコード

QRコードを読み取るか、
LINE IDを検索して
友だち追加して下さい!

オーディオ買取フラワーが選ばれる理由 買取の流れ 対応エリア 買取メーカー一覧 よくある質問 買取情報一覧
スピーカー アンプ プレイヤー
(オーディオデッキ)
レコードプレイヤー ヘッドホン
会社概要 サイトマップ
tel:0362767709

【DENON】DCD-SX のプレイヤー買取事例!買取金額はいくら?

このページでは【DENON】DCD-SX の買取事例を紹介しています。買取金額の相場の参考になったり、実際の買取の現場のイメージがつくと思いますのでプレイヤーの売却を検討している方は是非ご覧ください!

【DENON】のDCD-SX の買取金額

267,000円

【DENON】のDCD-SX について

DCD-SXを発表するにあたりビット拡張能力をさらに向上させた「Advanced AL32 Processing」が誕生。
重量化とともにアルミや亜鉛、鋳鉄など異種金属を効果的に採用して防振効果を高め、読取精度向上はもちろんのこと音質に対しても、操作する悦びといったことにも、充分な配慮をしたドライブメカを開発した。
Advanced AL32 Processingでは、サンプリング精度を従来の24bitから32bit化することで更に精度を向上した。
より滑らかな波形を再現することで、微小レベルにおける歪みを低減する。
44.1kHzのサンプリング信号を16倍にアップサンプリングを行い、より滑らかな波形を再現。
この時単純に補間を行いデータ量を増やすのみでは本来の自然界に存在する音楽信号にはならない。
そこでAdvanced ALPHA32 Processingでは、再生すべき前後多数のデータからあるべき点を推測し補間を行っていくことで、更に原音に近い滑らかな再生を実現。
歪みの少ない繊細な描写、正確な音の定位、豊かな低域、原音に忠実な再生を実現。
従来のALPHA Processingではパル広げリンギングの発生を防ぐ適応型デジタルフィルターを採用。
Advanced AL32 Processingでは適応性の高いフィルターアルゴリズムを採用。
パルス性の信号や高い周波数の連続音等に対しても、最適なアルゴリズムによるフィルタリングを行うため、折り返しノイズや高域レスポンスの低下による影響を受けない、自然なサウンド再生を行うこと可能。
マスタークロックには、自身の発振精度の向上と位相雑音の低減を実現する”DENON Master Clock Core”を搭載。
発振回路ブロックをモジュール化することで、基板パターンなど外部からのノイズの影響を排除。
また、DENON Master Clock Core専用の電源を確保することで、他の電源回路からの干渉を排除し、安定した動作を実現している。
水晶発振器は、環境・温度変化により、少なからずその精度に影響を及ぼされる。
DENON Master Clock Coreには、温度変化を圧縮する恒温槽を装備。周囲の温度変化に影響されにくく常に安定した周波数を発振する。
また、発振の精度のみならず、周波数の変位となる位相雑音も減少させて、安定した精度でクロックを発振する。
信号は、経路が長くなれば長くなるほどノイズを受けやすくなる。
DCD-SXでは、何よりも音質を最優先とするため、D/Aコンバーターをマスターとしてクロックを駆動。
ドライブメカや演算回路にはスレーブ供給としている。
ジッターの少ないフレッシュなクロックをD/Aコンバーターに供給することにより、データに忠実な再生を実現。
PMA-SXと組み合わせることでD/A出力からスピーカー出力端子までバランス伝送を実現。
D/A変換出力回路はHOT、COLD各々に差動バランス出力の専用D/Aコンバーターを配置、HOT/COLD間の遅延を生じず歪みや音質にとって理想的な回路構成といえる。
また、UNBALANCE出力回路においても同様にD/Aコンバーターの差動出力を合成して出力する差動ドライブ構成としている。
ディスプレイとデジタル信号出力をOFFするピュア・ダイレクトモードを搭載。ディスプレイ駆動回路のハイパルス信号など、パルス性の信号を可能な限りOFFにすることで、オーディオ回路への悪影響をさらに抑えている。
自らが振動体でもある電源トランスをインシュレーターの直近に配置することで、振動を直接グラウンドへと逃がし、不要な振動の伝搬とノイズ流出を徹底的に防止している。
また、新開発ディスクメカニズムにより、低い位置にメカを設置することに成功。
ディスクメカニズムの低重心化が図れ、ディスクの回転による内部的な振動や外部から受ける振動にも強い構造を実現している。
デノンの数々のCDプレーヤーに搭載され高い評価を受けていたS.V.H.Mechanism。
このDCD-SXでは、制振性に加え、低重心化も図ったAdvanced S.V.H. Mechanismを開発。
シャーシとの間に取付けられる鋳鉄製重量級メカベースを始め、ディスクドライブの数々を手がけたデノンのノウハウを惜しみなく投入。
洗練されたデザインによる薄いディスクトレイと静寂なディスクローディング機構を実現している。
トランスから整流回路に至までデジタル系/アナログ系の電源を完全分離。
デジタル系の電源は目的別に7系統にも分離することで、他の回路からの干渉を防いでいます。また、機能毎に基板を分割、各ブロック相互の干渉を徹底して排除しています。オーディオ基板もLch、Rch独立基板とし、クロストークを大きく低減している。
ディスクメカニズムからアナログ出力に至るまでシンプル&ストレートに回路が構成されています。また、回路内部のデジタルデータ伝送は、低電圧差動伝送方式(L.V.D.S.)をとることで伝送時のノイズを低減している。
サイドパネルには、高級楽器にも使用されるバーズ・アイ・メープルの天然木(全面突き板仕上げ)を採用。
天然木を使用していますので一枚一枚の木目のデザインが異なっている。
防振構造はダイレクト・メカニカル・グラウンド・コンストラクションをベースにトリプルフローティング電源、4層底板構造、鋳鉄インシュレーターなど細部にこだわりを持った設計を施している。
光、同軸それぞれ1系統のデジタル入力端子を装備。最大192kHz/24bitのPCM信号に対応。
デジタル入力信号は、サンプリング周波数192kHzまで対応しているため、2chのPCMデジタル信号出力を有する機器の接続が可能。
Advanced AL32 ProcessingをはじめDCD-SXのもつD/A変換のパフォーマンスを発揮。

買取フラワーのコメント

DENONの高級機ではあるが、いまいち突出した何かが感じないモデルになります。
決して粗雑な物では無い物の、やはり中途半端な印象が否めない、お客様もそうおっしゃられていました。
買い替えも検討していたため、今回買取依頼を出されたそうです。

その他のDENONのプレイヤー買取事例

その他の買取事例はこちら

もっと見る
写真:女性

買取事例カテゴリー

イラスト:アイコン

オーディオブログ

もっと見る

オーディオ買取の流れ

問い合わせ、お見積もり、査定、お支払い
より詳しい買取の流れはこちら
簡単!スピーディー!!ラインで査定するならこちら

買取情報はこちら

トップへ戻る

2018 © オーディオ買取Flower All Right Reserved.